公務員試験って高学歴のほうが合格しやすいの?
いわゆる学歴フィルターってあるのかなぁ
今回はこの悩みについてです。
この記事で知れること
  • 公務員試験では学歴は関係ないこと
  • 公務員に高学歴が多い理由
  • 学歴がない人が確実に公務員になる方法
この記事を書いている人

元裁判所書記官、現県庁職員。

裁判所と県庁で色々な学歴の人と出会いました。

私自身、高学歴でなく、大学時代はノンゼミサーという面接弱者でしたが、裁判所と国家一般職で上位合格しました。

今回は、公務員試験と学歴の関係性についてです。

学歴は関係ないことが事実でありながらも、公務員には高学歴が多いです。

その理由を解説し、いわゆる低学歴の人で公務員になる理由を解説します!

学歴に不安を感じている人でも、公務員を目指す勇気と合格するための秘訣を知ることが出来ますよ!

「社会人の方が受かりやすい!」

って知っていますか?

【公式サイトより引用】

なぜなら、社会人は公務員試験の面接では、志望動機の言いやすさなどから圧倒的に有利だから。

それなのに、情報不足が原因でうまくスタートダッシュを切れない人が多いんです。

その情報収集を効率よく行えるのがこの「社会人のための公務員転職ハンドブック」です。

公務員に転職するための情報が網羅的に記載されています。

さっそく勉強を始めるのもいいですが、しっかりと情報収集をして、効率的に勉強を進めましょう!

公務員試験に学歴は関係ない

一部を除いて、学歴フィルターは存在しません

民間企業では、学歴フィルターが明確に存在しているということは有名ですよね。

一定以上の学歴がないと説明会すら予約できません。

席の余りはあるのに・・・。

説明会ですらこのような感じなら、実際の面接でも学歴による選考はあるのでしょう。

でも、公務員試験には学歴フィルターはありません

このことは、いろいろな角度から公務員試験を見てみるとわかります。

公務員試験の選考は筆記試験と面接試験の合計点で決まる

公務員試験は、筆記試験と面接試験をクリアすれば合格できます。

筆記試験は、募集要項に合致すればだれでも受験することが出来ます。

学歴が必要なことはありません。

そして、公務員試験の合否の決め方は、筆記試験と面接試験を点数化して決める方法をとっています。

公務員の仕事はクリーンでないといけません。

そのため、採用の選考過程もクリーンな方法が取られます。

点数化していると後で検証が可能であるので、クリーンだということです。

学歴というものは点数化できない指標です。

なので、学歴は筆記試験はおろか、面接試験においても評価の対象にならない項目です。

公務員は透明性が求められる職業。
学歴という不透明なもので合否を決めることはありません。

公務員試験は職歴も関係ない⇒学歴も同じ

公務員試験は職歴が無くても合格することが出来る試験です。

このことからも学歴が関係ないことがわかります。

今まで二か所で公務員として働きましたが、色々な職歴の人がいました。

  • 新卒で入社した会社を一か月で辞めて空白期間が二年ある人
  • 院に行くのをやめて、大学卒業後空白期間が一年間ある人
  • 新卒の就活に全落ちし、一年間空白がある人
  • 26歳になって初めて就職した人

例えば、こんな感じで、職歴なしや超短期離職した人もいましたね。

職歴ってその人の働き方を反映していることが多いので、面接官は、いわゆる職歴が悪い人に対して良くない印象を持ちます。

例えば、短期離職歴がある人ならば、公務員になってもすぐに辞めてしまうのではないかと疑います。

その点で言えば、学歴よりも職歴の悪さは面接では不利です。

それなのに、職歴に不安がある人でも公務員になれています。

職歴ですら合否の判定要素になっていないのですから、学歴なんて面接の判定要素に含まれていることはありません

公務員試験に学歴は関係ない⇔高学歴が多いのは事実

ただ、公務員に高学歴が多いのは事実です

二か所で公務員として働いていますが、高学歴が多いのは事実です。

この事実が世間でも広まっているから、「公務員試験は高学歴しか合格できない」という認識があるのかもしれません。

でも、この事実にもしっかりとした理由があります。

公務員に高学歴が多い理由を知ることで、学歴に不安がある人でも公務員になれるヒントを見つけることができますよ!

国家公務員には高学歴が多い

私は、前は裁判所、今は県庁で働いていますが、その経験から言うと、裁判所(国家公務員)の方が高学歴が多いですね。

裁判所職員の学歴は、体感になりますが、次のような感じでした。

東大・京大・阪大   ⇒ 少数

地方国立・公立大学  ⇒ 多数

マーチ・関関同立以上 ⇒ 多数

上記以外の大学    ⇒ 少数

いわゆる高学歴だと世間から言われる人たちがほとんどでした。

ほんとに全員ではないかと思うほど、多かったです。

日東駒専や産近甲龍と言われている大学出身の人も、ほんとに少数でしたがいました。

地方公務員は高学歴がそこまで多くない

今は県庁で働いていますが、県庁には裁判所ほど高学歴の人が多くはありません

裁判所では少数派だった日東駒専や産近甲龍レベルの大学の人は結構います。

また、高卒と大卒だと、大卒の方が高学歴だから、出世でも幅を利かせているイメージがありますが、全然そんなことはありません。

むしろ高卒の人の方が優秀なことが多く、高卒の人でも出世している人はかなりいます。

国家公務員に高学歴が多い理由

なぜ国家公務員の方が高学歴が多いんだろう?

筆記試験の難易度に答えがあります。

国家公務員 ⇒ 筆記試験のハードルが高い

地方公務員 ⇒ 筆記試験のハードルが低い

国家公務員と地方公務員の筆記試験を比べると、難易度はこのようになります。

国家公務員試験の筆記試験が難しい理由は、次のように勉強することが多いからです。

  • 教養試験
  • 専門試験
  • 教養論文試験
  • 専門記述試験(一部試験をのぞく)

教養試験と専門試験は択一試験で簡単そうに思えますが、ざっと30以上の科目があり、対策に時間がかかります。

そのうえ、知識だけでなく文章を書く能力ももとめられます。

究極を言えば、筆記試験は誰でも勉強すれば合格することが出来る試験です。

ただ、国家公務員は筆記試験の難易度が高いために、高学歴が多いんですね。

高学歴が公務員試験では有利⇒公務員に占める割合が多くなる

高学歴の人が公務員試験で有利なのは、今までの勉強のストックがあって、かつ、勉強することに慣れているからですね。

高学歴の人は、中高大と勉強していて知識を豊富に持っており、勉強する習慣も身に着けています。

いわゆる低学歴の人よりも高学歴の人は、スタートラインがゴールの近くにあり、ゴールまで頑張れる力も持っているということです。

ですので、筆記試験が難しい国家公務員試験には高学歴の人が受かりやすいという結論になります。

そして、高学歴の人の方が国家公務員試験に合格しやすいということは、高学歴の人の方が公務員になりやすいということが言えます。

国家公務員も含めて多くの公務員試験の一次試験に合格することができれば、それだけ内定をもらえる機会が増えますからね。

高学歴の人は、低学歴の人と比べると、公務員になる可能性が高いので、公務員には高学歴の人が多いと感じるのでしょう

学歴がなくても確実に公務員になる方法

今までの内容を踏まえて、学歴に不安がある人でも確実に公務員になれる方法を紹介します!

筆記試験で上位合格出来るようにとにかく勉強する

これに尽きます。

勉強の努力が、公務員になる可能性を大いに高めます。

学歴に自信がないなら地方公務員専願は危ない

筆記試験のハードルが低い地方公務員に絞って面接対策頑張った方が効率良くない?

勉強が苦手な人はこう考えるかもしれませんね。

民間も併願して受験する人はこれでもいいでしょう。

ただ、公務員に確実になりたいなら地方公務員専願は危ないです。

面接試験なんて確実に合格できる保証なんてないからです。

面接はその時の状況や面接官との相性に左右されます。

また、公務員には学歴差別はないと言いましたが、地方公務員の面接官の中には学歴差別を行っていて、学歴が低いだけで面接の得点を低くされる可能性も無きにしも非ずです。

いくら面接試験が得意だとしても、面接試験という確実性のないものに全振りするのは怖いです。

学歴に自信がないなら、ブラックボックスである面接に真正面から挑むのはかなりリスクがあります。

確実に公務員になりたいなら持ち球を増やす

確実に公務員になりたいなら、受けられる試験は全て受けるべきです。

数うちゃ当たるの理論ではないですが、持ち球が多いほど公務員には当然なりやすいですよね。

そして公務員になる確率をより高めたいならば、筆記試験の勉強を頑張り、一次試験に全て合格できるようになりましょう!

全ての筆記試験に合格すると、菅著訪問を含めると10個近くの面接を受けることが出来ます。

よほど面接が苦手でなければどこかに合格することができます。

学歴に不安があっても、的を絞るのではなく多くの試験を受験しましょう!

筆記試験の配点が高い試験が狙い目

筆記試験の配点が高い試験は、学歴に不安がある人でもチャンスがあります。

確かに、公務員試験は学歴が関係ない試験です。

ただ、形式上はそうであっても、面接官によっては学歴によってマイナスな印象を抱く可能性があることも否定できません。

それだけで不合格にはなりませんが、同じ面接内容でも学歴によって得点に差が出るかもしれません。

万が一このような学歴差別をされても、筆記試験の配点が高い試験では、筆記試験の点数で逃げ切ることが出来ます

筆記試験の配点が高い試験は、国家公務員の試験です。

具体的に言うと以下の試験種です。

  • 国家一般職
  • 国税専門官/財務専門官
  • 裁判所事務官

具体的に見ていきましょう。

国家一般職

配点比率は以下の通り。

択一試験論文面接
配点比率6/91/92/9
※基礎能力試験と専門試験(どちらも択一試験)をまとめて択一試験としています

国税専門官/財務専門官

配点比率は以下の通り。

択一試験論文面接
配点比率5/92/92/9
※基礎能力試験と専門試験(どちらも択一試験)をまとめて択一試験としています※論文試験は教養論文と専門論文があります

裁判所事務官

配点比率は以下の通り。

択一試験論文面接
配点比率4/102/104/10
※基礎能力試験と専門試験(どちらも択一試験)をまとめて択一試験としています※論文試験は教養論文と専門論文があります

このように見ると、国家一般職と国税専門官は9/7が筆記試験の配点となっています。

裁判所事務官は、10/6が筆記試験の配点になっていますよね。

この三つの試験は面接試験が普通の評価であっても、筆記試験が良ければ上位で合格できます。

国家一般職は面接がはC評価でしたが、10番台で最終合格。
裁判所は面接がB評価で、一桁台で合格。

どちらも筆記試験がかなりできました。
裁判所は面接の評価が良かったですが、もし普通の評価であっても余裕で合格できていました。

国家公務員試験は筆記試験で逃げ切れるので、万が一高学歴でないことによって面接で不利益を受けたことしても、筆記試験を頑張っていれば合格することは余裕なんです。

筆記試験なんて学歴は関係なく、学歴に不安がある人でも努力すれば高得点を望めます。
とにかく公務員になりたいなら、筆記試験を頑張りましょう!

高学歴に試験で勝つにはそれ相応の努力が必要

学歴に不安があるなら筆記試験で努力する必要がありますが、その努力は高学歴の人と同様の努力をしていてはだめです。

高学歴の人は、学生時代から積み重ねがあるので、それと同様の量の勉強をしていては勝ち目がないからです。

勉強していくと、公務員試験の勉強量に圧倒され、途中で捨て科目を作ったり、捨てテーマを作ったりと、勉強に妥協したくなってきます。

「これは勉強しなくても合格できるかな」なんて思ったりするんですよね。

でも、それはすべきではなく、高学歴の人との差を少しでも埋めるためにも、できる限り全ての範囲の科目を勉強し、追い抜く気持ちで勉強すべきです。

筆記試験で上位通過するなら、捨て科目を作ることはおすすめしません。
妥協せずに頑張った分だけ筆記試験では成果がでます。

まとめ:学歴を気にする必要はない

公務員試験の合否に学歴は関係ありません

ただ、それの事実を知っても不安が残る人はそれ相応の努力をすれば必ず公務員になれます

この二つの事実をしっかりと受け止め、努力することができれば確実に公務員になれます。

そうとわかれば、一心不乱に筆記試験対策に打ち込みましょう!

社会人のための公務員転職ハンドブック

社会人は、学生よりも公務員に受かりやすい!

なぜなら、一度社会人を経験していることから志望動機を言いやすかったりと面接でかなり有利になるから。

ただ、そんなチャンスが転がっているのに、スタートダッシュをうまく切れない人が多いのも事実なんです。

その原因は単なる情報不足。

公務員試験勉強を始める前や直後にしっかりと公務員試験の全体像について知り、社会人経験者として効率よく筆記試験に合格するノウハウを知っておきましょう!

\無料かつ数量限定なのでお早めに!/

Twitterでフォローしよう