赤ちゃんって湯船に入れた方がいいのかな?
正直、湯船の掃除とか面倒だから、シャワーだけで済ましたいんだけど・・・。
シャワーだけでも赤ちゃんに効果的な入浴方法を知りたい!
今回は、この悩みを解消します!
この記事で知れること
  • 赤ちゃんを湯船に入れなくてもいいのか?
  • 湯船なし、シャワーだけのオススメ入浴方法

赤ちゃんってシャワーだけでも大丈夫?湯船に入れたほうがいいの?

大人ならシャワーだけでも気にならないけど、赤ちゃんのこととなると気になりますよね。

結論から言うと、シャワーだけでも大丈夫です。

ただ、シャワーだけにする場合には、気を付けることや注意すべきことがあります。

この記事では、赤ちゃんの入浴をシャワーだけにすることについて徹底的に解説します。

シャワーだけの入浴でも、湯船に入れた時の同じ効果を持つようなお風呂の入れ方も紹介しているので、ぜひ参考してください!

湯船の代わりに最適!

シャワーだけで保温&保湿

1
肌水分量がアップ
シャワーだけでも湯冷めしない温浴効果
ウルトラファインバブルによる抜群の洗浄力
塩素を約80%除去
約50%の節水効果

洗浄もできて、温められて、保湿もできる。

このシャワーヘッドを使うだけで、湯船に入れないデメリットを補ってくれます

赤ちゃんにも、ママにも、パパにも、家計にも優しいシャワー。

そんなミラブルを30日間だけ無料でお試しすることもできます。

\【30日間お試し】どんな理由でも返品可能/

しかも、5000円分のギフト券もらえます

➤赤ちゃんにこそミラブルを使ってほしい理由を解説

赤ちゃんはシャワーだけでもいいの?

結論としては、湯船にいれることができる環境にあるならば、シャワーだけでなく湯船にも入れてあげた方がいいでしょう。

シャワーだけよりも湯船に入れる方が、赤ちゃんにとっていい効果があるからです。

ただ、そこまで湯船に入れることにこだわらなくても大丈夫です。

以下では、そんな理由について簡単に解説します。

湯船につかるメリット

湯船につかることは、清潔を保つ以外にも以下の効用があると言われています。

湯船につかるメリット

①温熱による効用

②水圧による効用

③ストレスを鎮静させる効用

【引用元】千葉県HP(https://www.pref.chiba.lg.jp/kenshidou/faq/321.html

①体か温まると新陳代謝が活発になり、体のなかの老廃物が洗い流されます。

そして、リラックス効果により疲労が回復し、眠気も高まります

②また、水圧がかかることによって、全身にマッサージ効果があります。

そのため、湯船につかると全身の血行がよくなります。

③そして、湯船につかることで、体温調整機能や自律神経調整機能が高まるので、ストレスを軽減させると言わています。

これらの効果は、湯船につかったことがある人ならば、誰でも実感することが出来る効果ですよね。

大人がお風呂に入った後に温かくなって眠くなるのと同様に、赤ちゃんも湯船に入ることで体が温かくなり眠くなります。

ですので、湯船に入れることは、「体を温めて風邪を引かせない」「眠くなるので寝かしつけが楽になる」という点で有効なのかもしれません。

ただ、この三つの効果を狙って無理に入浴させようと思わなくてもいいでしょう。
この三つの効果は、主に大人が感じる効果です。
赤ちゃんを湯船に入れる目的は、この3つ以外にあります。

赤ちゃん湯船に入れる最大の目的

保健師さんによると、赤ちゃんを湯船に入れる最大の目的は次のためだそうです。

「赤ちゃんやまだ体の小さな子どものおふろは、大人がリラックスや冷え性改善を兼ねて入るのとは違います。1日1回入って、体の清潔を保つためのもの。だから、冬もじっくり湯船につかって温まる必要はありません。湯船につかるのは1~2分程度でOK」と横田先生。

【引用元】たまひよ(https://st.benesse.ne.jp/ikuji/content/?id=12957

赤ちゃんをお風呂に入れる最大の目的は、「体の清潔を保つため」です。

ですので、上で紹介した湯船の効果にそこまでこだわる必要はありません。

要は、体の汚れを落とすことが出来ればいいんです。

体を清潔にするためなら、シャワーだけでも良さそうだね

確かに、シャワーだけでも清潔を保てそうですが、湯船の方が効果的です。

というのも、シャワーだけだと洗い残しがあったり、ボディーソープの流し忘れが生じる恐れがあるからです。

湯船だと、赤ちゃんの全身を水で覆わせることができるので、シャワーだけで洗えなかった膝裏や脇下などの細かな汚れを落とすことができます。

また、ボディーソープをきれいに洗い流すこともできますよね。

赤ちゃんの汗や汚れをきれいに洗い落とすことができるので、湯船に入れたほうが清潔感を保つことができそうですね!

ただし、湯船にいれることにこだわらなくてもいい

ここまで、湯船に入れることのメリットについて紹介しました。

でも、正直に言ってしまうと、そこまで湯船にこだわる必要はありません

というのも、海外ではそもそも湯船に入れないところが多いですよね。

その国では湯船にいれないのが常識であって、その国の子供達は何の問題もなく育っているんです。

つまり、極論を言えば、湯船に入れるかどうかは子育てにおいてそこまで重要な問題ではないでしょう。

ですので、ご自身がシャワーでもいいと思えば、シャワーだけでもいいんですよ!

シャワーでもきれいに洗うことができるのであればそれはそれでありですね。

もちろん、海外と日本では気候や文化などが異なっているので、海外の入浴法が日本で適しているとは言えません。
ただ、赤ちゃんの入浴の最大の目的は「清潔に保つこと」だということを忘れないでおきましょう!

▼【30日間無料】湯冷めせず、保湿効果あり▼

赤ちゃんのお風呂をシャワーだけにするときの注意点

出来ることなら湯船にも入れさせたいところですが、シャワーだけでも大丈夫な理由はわかってもらえたと思います。

ただ、シャワーだけにするときの注意点があるので、解説します。

シャワーだけにするときの注意点は3つ

シャワーだけにする場合には、次のことに気を付けましょう。

シャワーだけにするときの注意点
  • 汚れや泡の洗い残し
  • シャワーがかかっていないところが冷えていないか
  • 片手になるので赤ちゃんを落とさない

一番の注意点は汚れや泡の洗い残しです。

特に、泡を洗い残すと肌荒れの原因になるので注意しましょう。

また、意外と見落としがちなのが「冷え」です。

シャワーは体の一部にしか当たらないので、シャワーが当たっていないところは冷えます。

まんべんなくシャワーを当ててあげるのもそうですが、事前に浴室を温めておいて、赤ちゃんの体が冷えないようにしましょう。

体が冷えていても、赤ちゃんは言ってくれないのでわかりづらいと思います。
ベストなのは、湯船と同じ温浴効果のあるシャワーヘッドを使ってあげることですね!

さらに、意外とやってしまいがちなのが「赤ちゃんを滑り落してしまうこと」です。

まだまだ赤ちゃんが小さいうちは、膝の上に置いて洗いますよね。

その状態でシャワーを使っていると、どうしても片手になってしまって、赤ちゃんを滑り落してしまうことが多いんです。

先輩ママやパパに聞くと、一度は滑り落してヒヤッとしたことがあるって聞くよね。

予防策としては、シャワーフックを下の方に取り付ける方法が有効です。

そうすることで、シャワーを持たずに、両手で赤ちゃんを支えて洗い流すことができますよね。

大人用のシャワーフックは上過ぎるので、私たちも赤ちゃん用にシャワーフックを下の方に取り付けています!

【参考】赤ちゃんとのお風呂に便利!おすすめシャワーフック4選

シャワーだけじゃ嫌!赤ちゃんを湯船にいれたい人の代替案

実は、赤ちゃんを湯船に入れてあげたいんだけど・・・
でも、自分達はシャワーだけだし、湯船を洗うのもめんどくさいんだよなぁ
何かいい方法はないかな?

そう考えている人に向けて、おすすめの入浴方法を紹介します。

赤ちゃんを湯船に入れる目的は、「清潔を保つこと」ですよね。

逆に言えば、湯船に入れなくても、湯船に入れたときと同じように清潔感を保つことができればいいんです。

具体的には、私たちは 、湯船に入れる代わりに次のようなアイテムを使用していました。

湯船の代わりとなるおすすめアイテム
あわせて読みたい
シャワー

➤ミラブルのシャワーヘッド

首が座るまで

➤【リッチェル】ふかふかベビーバス 新生児

➤【リッチェル】ひんやりしないおふろマット

首が座った後

➤タミータブ

一番効果的だったのはミラブルです。
湯船と同じぐらいの効用があって、保湿力もあるシャワーヘッドなので、湯船に入れなくても全然罪悪感はなかったですね!

一つずつ簡単に紹介します。

【無料で試せる】湯船に入るのと似た効果があるシャワーヘッド

赤ちゃんのお風呂をシャワーだけにすることにちょっと罪悪感を感じている人へ。

湯船に入るのと似た温浴効果を感じることができるシャワーヘッドを使ってあげれば大丈夫です。

ミラブルを使うことで私たち夫婦はもちろんですが、娘の肌もモチモチになって、特に冬場は保温効果によって寒がらないようになったのはよかったです!
ミラブルのメリット
  1. 油性マジックを落とすほどの洗浄力
  2. 入浴と似た温浴効果
  3. 肌水分量アップでしっとりもちもち肌に
  4. 水道水に含まれる塩素を大幅に低減
  5. 水道代を大幅に節約できる

ウルトラファインバブルを含んでいるミストを放出するミラブル。

ミラブルを使うと、入浴と同じ温浴効果があることがわかっています。

公式サイトより引用

さらに、ミラブルは水流が肌の奥まで入り込むので、肌水分量がアップして、肌に潤いが与えられます。

お風呂に入りながらも保湿できるので、赤ちゃんの肌にはうってつけのシャワーなんです。

赤ちゃんだけでなく、ママのお肌にも!

ミラブルは、平均約50%も節水できるので家計にもかなり優しいシャワーヘッド!

ちょっとお高いですが、長い目でみれば節水効果で元をとることができますよ。

\【30日間無料お試し】どんな理由でも返品可能/

さらに、5000円分のギフト券もらえます

ミラブルは赤ちゃんに使ってもいいのかなど、詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてみてください。

➤赤ちゃんにこそミラブルを使ってほしい理由を徹底解説

ちょっと高いなと思う人は、レンタルという方法もあります。
一度格安でレンタルしてみてください。
ミラブルの効果にびっくりするはずです。
【実質無料もあり】ミラブルをお得に試す方法

赤ちゃんの首が座るまで

ひんやりしないマットで体をさっと洗い、ベビーバスで2~3分ほど入浴させていました。

首が座るまでは赤ちゃんの首を支えながらお湯につからせないといけません。

そのため、横にしたままお湯につからせることができるアイテムが便利です。

リッチェルのベビーバスは、横にしたままお湯につからせることが出来るので、首が座っていなくても入れやすいです。

また、沐浴から3ヶ月(60cm)まで使用できるので、ちょうど首が座るぐらいまで使用できます。

ベビーバスでお湯に浸からすことで、湯船と同様の効果は期待できます。

ただ、ある程度体が大きくなってくると、足がはみ出したりするので、次で紹介するステップに移行してもいいでしょう。

赤ちゃんの首が座った後

首が座った後からはタミータブを使います。

タミータブは座った状態で入浴させるタイプのバスタブです。

お腹の中にいたときと同じ状態で入浴できるため、仰向けに入浴させる方法よりも赤ちゃんはリラックスすると言われています。

また、タミータブでは肩までしっかりと入浴することができるので、赤ちゃんがお風呂場で寒くなる心配もありません。

総合すると、リッチェルのベビーバスよりも良い入浴法ですね。

ただ、首が座っていない状態でタミータブを使用するのは、個人的にかなり難しかったです。

(タミータブ自体は、新生児のころから使用することができます。)

首が座るまでは、ベビーバスを使って、仰向けに入浴させる方が楽でしたね。

ドイツでは、新生児の50%がタミータブを使っていると言われています。
そのため、しっかりと入浴させたい人は、首が座っていなくてもタミータブで入浴させてもいいかもしれません。

まとめ:シャワーだけも大丈夫だけど、お湯につからせた方が良い

赤ちゃんをお風呂に入れる最大の目的は、「体を清潔に保つこと」です。

極論を言えば、この目的を達成できるのであれば、どんな方法でお風呂に入れても大丈夫なんです。

だから、シャワーだけでもいいんですね。

ただ、やはり湯船に入れたほうが、シャワーよりも汚れなどをしっかりと落とすことが出来るので、湯船に入れることが出来る人は湯船に入れたほうがいいでしょう。

私たちはどうしても湯船に入れるのが億劫だったので、今回紹介したようにタミータブなどを使っています。
湯船と同様の効果を得られるので、特に不都合はないですね。

今回紹介した内容をもとに、自分たちなりの赤ちゃんの入浴方法を考えてほしいと思います。

\【30日間無料お試し】どんな理由でも返品可能/

例えば、5000円分のギフト券もらえます

無料でバスタオルをゲット

こどもちゃれんじと高級ベビーブランド「ファミリア」のコラボ。

資料請求するだけで、無料で高品質なバスタオルをゲットできます。

毎日洗うバスタオルだからこそ、何枚あっても困らないですよね。

この機会に無料でゲットしましょう!!

Twitterでフォローしよう