スワドルミーって人気だけど・・・。
正直なところデメリットもあるんでしょ?
メリットだけじゃくてデメリットも詳しく知りたい!
今回はこの疑問を解消します。
この記事で知れること
  • スワドルミーの詳しいデメリット
  • スワドルミーのメリット

SNSなどではメリットばかりが目立つスワドルミー。

でも、親目線で気になるのはメリットよりもデメリットの方ですよね。

そこで今回は、デメリットを中心にスワドルミーのメリットとデメリットについて紹介します。

メリットとデメリットを比較して、スワドルミーの購入の参考にしてもらえれば幸いです。

寝かしつけで悩んでいる人へ
寝かしつけが楽になるアイテムまとめ

寝かしつけにバチっと効果のあるアイテムがあるかも。

寝かしつけでへとへとに疲れている人はぜひ参考にしてください。

ママパパを救う神アイテム!0歳児の寝かしつけが楽になる最強グッズを厳選

寝かしつけで悩んでいるなら

寝かしつけ専用アロマの効果
優しい香りが入眠の合図になって寝かしつけやすくなる
枕元の垂らせば、ママと同じ香りを感じて安心する
ディフューザーなしで使える手軽さ

0歳児の寝かしつけで大事なのが「寝る前のルーティン」。

「あっ、もう寝る時間だ」と赤ちゃんに思わせるのが大事なんです。

でも、0歳児だからこそ、ルーティンを作るのが難しい・・・。

そんな悩みをバチっと解決してくれるのが寝かしつけ専用アロマ!

毎日リラックスする香りをかぐことで入眠の合図となり、「これから寝る時間だ!」と思わせられるんです。

\600以上の産婦人科病院で導入なので安心/

【詳しく解説】スワドルミーのデメリット

スワドルミーのデメリットは次の3つ

スワドルミーのデメリット
  • 卒業が億劫になる
  • 体温調整が難しい
  • 洗濯が大変

詳しく解説します。

スワドルミーのデメリット①:卒業が億劫になる

最も辛いデメリットは「卒業が億劫になること」です。

スワドルミーを使うと、赤ちゃんは子宮の中にいるような安心感を覚えてよく寝てくれます。

ただ、寝てくれるからこそ親にとっては、卒業のときにデメリットになります。

スワドルミーの寝かしつけに慣れていると、スワドルミーが手放せなくなるんです。

スワドルミー無しでの寝かしつけがかなり大変に感じます。

スムーズに卒業するには、卒業を見越して早めから対策することが重要となります。

スワドルミーのデメリット②:難しい体温調整

続いてのデメリットは「体温調整」。

スワドルミーは体温調整が難しいんです。

赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、普通の状態でも体温調整が難しいですよね。

スワドルミーを着ていると、もう一枚厚着しているような感じになりますので、さらに体温調整が難しくなるんです。

真夏や真冬だと空調で調整できますが、寒暖差が激しい春や秋は室温や体温のしっかりとした管理が必要です。

空調と肌着の枚数を上手に調整して、体温調整することが求められます。

スワドルミーのデメリット③:洗濯が大変

スワドルミーは頻繁に洗濯が必要になります。

というのも、スワドルミーは通気性が良いですが、それでもやっぱり暑くて汗を大量にかくことが多いからです。

朝起きたらスワドルミーがぐっしょりなんてこともざらにあります。

清潔にスワドルミーを使い続けるためには、特に夏場は毎日の洗濯が必須となります。

毎日洗濯機を回すことに慣れているご家庭には負担とはなりませんが、毎日回すことに負担を感じる人にとってはデメリットですよね。

一枚しかもっていないのに毎日洗濯が必要だと困ります。
購入するときは2枚か3枚セットのものを買うと安心ですね。

スワドルミーの安全性は大丈夫?

デメリットはこれだけ?
スワドルミーを使うことで危険性とかはないのかなぁ?

スワドルミーの安全性について心配になる気持ちとてもわかります。

いくら寝てくれるおくるみだからといって、赤ちゃんが危険にさらされるのは困りますよね。

その点、スワドルミーは一般的なおくるみよりも安心できるおくるみだと言われているので、心配は無用です。

ただ、完全に安全なおくるみというわけではないので、注意して使うことも大切です。

スワドルミーの安全性については以下の記事で詳しく紹介していますので、気になる人は要チェックです。

スワドルミーは安全に使える?事故を防ぐための注意点を解説します

スワドルミーのメリット

最後に、スワドルミーのメリットについて。

なんとなく知っている人が多いと思うので、簡単にまとめます。

購入前に改めてチェックしておきましょう。

スワドルミーは次のようなメリットがあります。

  • 包むことで安心感を与えて寝てくれる
  • モロー反射を抑えてくれるので起きなくなる
  • SIDSを軽減する(所説あり)

スワドルミーで包むと子宮の中を再現すると言われていて、赤ちゃんは安心感を覚えてぐっすりと寝てくれます。

また、腕を緩やかに固定することで、モロー反射特有のビクつきを抑制してくれます。

結果として、夜中に起きることが少なくなるんです。

こんな感じで、スワドルミーは赤ちゃんの睡眠にかなりのメリットがありますが。そこ副次的効果としてママやパパにもメリットがあります。

例えば次のようなメリットです。

【ママやパパのメリット】

  1. 夜泣きが減るので睡眠時間が増える
  2. 昼寝もしてくれるようになるので家事や趣味がはかどる
  3. ママの睡眠時間の増加により母乳の出がよくなる
  4. 睡眠時間が増えてストレスが減ることで喧嘩が少なくなる

(3と4は人によりけりかも・・・)

とにかく、赤ちゃんの睡眠時間が増えることで、純粋に親の睡眠時間が増えます。

その結果、ストレスが大幅に軽減されますし、家事や趣味に使える時間が増えます。

赤ちゃんが寝ないことで家事や趣味の時間を取れないのはかなりストレスですよね。
スワドルミーを使えば、自由な時間が増えますよ!

まとめ:スワドルミーのメリットはデメリットを上回る

今回はデメリットに焦点をあてて、スワドルミーについて解説しました。

デメリットを紹介して思ったのは、スワドルミーってやっぱりメリットのほうが上回るということです。

睡眠不足は何事も悪い方へと引っ張ります。

その睡眠不足を解消させてくれるスワドルミーは、睡眠不足に悩んでいるママやパパの救世主です。

赤ちゃんが寝なくて睡眠不足に悩んでいる人にはぜひ、デメリットを気にせずに試してほしいと思います。

アロマで寝かしつけを楽にしませんか?

寝かしつけで一番大事なのは

「寝る前のルーティン」

あっ、もう寝る時間なんだ!」と赤ちゃんに思わせることが大事。

でも、0歳児だからこそ、そのルーティン作りがめちゃくちゃ難しい・・・。

そんな悩みをズバッと解決してくれるのが寝かしつけ専用アロマ!!

毎日アロマを使うことで、「これから寝る時間だから寝ないと!」というスイッチが赤ちゃんに入るんです。

寝かしつけで悩んでいるなら一度試してみてはどうですか?

Twitterでフォローしよう