個人事業主がベンツをお得にリースする方法を紹介!
この記事で知れること
  • ベンツをリースしたい個人事業主におすすめのサービス
  • 個人事業主がベンツをリースするときに気を付けるべきこと

個人事業主でもベンツをリースして乗ることは可能です。

税金やメンテナンス費用などが全て月額料金に含まれているリースの方が、経費などの管理をしやすくなるので、ベンツをリースはかなりおすすめですね。

そこでこの記事では、ベンツをリースできるおすすめサービスを紹介します。

ベンツをリースできるサービスはほとんどないので、リースしようか悩んでいる人はこの記事を参考にしてください。

【結論】ベンツをお得にリースする方法

現在、ベンツをお得にリースできるサービスは一つのみです。

これ以外で探すなら、正規ディーラーでリースするしか方法がありません。

クラスにもよりますが、月々数万円でベンツに乗ることも可能です。

ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

\納車まで長いのでは早めに相談/

審査&相談は無料

➤SOMPOで乗ーるの公式サイトへ

個人事業主がお得にベンツをリースする方法

ベンツを新車でリース(サブスク)する方法は2通り。

ベンツをリースする方法
  1. 正規ディーラーでのリース契約
  2. 「SOMPOで乗ーる」でのサブスク契約

ディーラー以外でベンツをお得にリースできるカーリース会社は「SOMPOで乗ーる」しかありません。

正規ディーラーかSOMPOで乗ーる(カーリース会社)の二択というわけです。

ベンツのような外車を扱っているカーリース会社はほぼありません。
逆に言えば、迷わなくて済みますよね。
リースとサブスクの違い

車のサブスクとは、一定額を支払って車を使用することを言います。あくまでも車を所有しているのはサブスク会社であって、リースも同じような仕組みです。

なので、サブスクとリースは同じ意味だと考えても問題ありません。

ある会社がリースだと言えばリースで、サブスクだと言えばサブスクとなります。

契約内容については変わりはないので、言葉の違いは気にしなくても大丈夫です。


右へスライド   
     
(正規ディーラー)
ベンツのリースプラン         
SOMPOで乗-る          
車種全ての車種
(一部例外あり)
全ての車種
(問い合わせ要の車種あり)
料金に含まれるもの・車両本体価格
・オプション価格
・自動車税
・重量税
・自賠責保険料
・任意保険
・メンテナンス費用
・車両本体価格
・オプション価格
・自動車税
・重量税
・自賠責保険料
・車検代
・オイル交換メンテナンス費用
契約期間2~5年3、5、7、9年
走行距離制限あり
(複数の選択肢あり)
あり
(複数の選択肢あり)
頭金あり・なしの選択可あり・なしの選択可
ボーナス払いあり・なしの選択可あり・なしの選択可
残価清算ありあり
(オプションでなしへの変更可)
契約完了時の選択肢・乗り換え
・購入
・乗り換え
・再リース
・返却
・もらえる
詳細は公式サイトで要チェック

比較すると上のようになります。

ですが、結局どっちがいいのかいまいちわからないですよね。

以下では、どっちがいいいのかについて、料金などを比較して結論を出しているので、参考にしてください。

個人事業主にはどっちがおすすめ?:ベンツリースの料金比較

個人事業主がベンツの新車をリースする場合、正規ディーラーでリース契約をするか、SOMPOで乗ーるのとちらがお得なのか。

ベンツの新車で最も人気のあるgクラス(ゲレンデ)で料金を比較してみましょう。

→右へスライド
【5年間のリースの場合】          
料金例    オプション        含まれるもの                
ベンツのリース
(正規ディーラーでの契約)
168,813円なし・車両本体価格
・登録時の諸費用&税金
・自賠責保険
・自動車税
・メンテナンス&保証プラス
SOMPOで乗ーる165,250円・ETC
・カーナビ
・バックカメラ
・フロアマット
・車両本体価格
・オプション
・登録時の諸費用&税金
・自賠責保険
・自動車税
・SOMPOで乗ーるのフルメンテナンス
・安心乗ーるプラス
・残価保証オプション
最新の料金は公式サイトでチェックしてください。

今回の料金の算出では、外車は維持費が高いということもあって、有償のメンテナンスプランを付けました。

ベンツ正規ディーラーでのリース契約では「メンテナンス&保証プラス」が、SOMPOで乗ーるでは「SOMPOで乗ーるのフルメンテナンス、安心乗ーるプラス 」がそれに該当します。

ともに法定点検や消耗品の交換をしてくれたりといった点では共通していますが、やはり正規ディーラーであるベンツのメンテナンスプランの方がサービスは充実しています。

ですが、SOMPOで乗ーるのオプションは必要最低限のものはしっかりとついています。

オプションを削ってもっと安くしたいなら、SOMPOで乗ーるの方がより安くできます。

今回紹介したSOMPOで乗ーるの値段は最上位プランです。
もっとオプションを削れば、より安くすることができます。

➤SOMPOで乗ーるでの料金シミュレーションをはこちらから

➤ベンツ公式サイトでの料金シミュレーションはこちらから

【もっと詳しく】SOMPOで乗ーるのプランについて

SOMPOで乗ーるには三つのプランがあります。

メンテナンスにお金がかかる外車に乗るからには「フルメンテプラン」がおすすめ。


右へスライド
       
シンプル
プラン   
ライトメンテ
プラン     
フルメンテ
プラン    
クルマ代
登録諸費用
税金
(自動車税等)
自賠責保険
車検
法定点検
オイル交換
エンジン、ギア、ブレーキの点検整備
エアコンの点検整備
消耗品の交換
バッテリーの交換
一般整備
代車
夏冬タイヤ交換

さらに、フルメンテプランでは「安心乗ーるプラス」が用意されています。

メーカー保証外のパーツやメーカー保証が切れた後でもメンテナンスを受けられるサービス。

より安心して外車にのりたいならつけておいて損はありません。

ほぼ同じ車両本体価格の車を、同じ期間のリース契約で比較しましたが、ディーラーによるリースの方が料金が高くなることがわかります。

やはり、正規ディーラーでの購入ということもあって、サービスが充実してることや、ブランドとしての付加価値が加わっていることが関係しているのかもしれません。

一方で、SOMPOで乗ーるでは、用意されているメンテンナンスプランの中で最も良いプランを選択しましたが、安い結果となりました。

オプションも含めた全てこみこみの料金となっています。

実際のところ、正規ディーラーでのリースについては見積もりを出さないと正確には比較はできませんが、SOMPOで乗ーるの方が安いということが言えそうです。

他にも、リーズナブルなプランを選択すれば、月々の7万円や8万円からでベンツに乗ることができるので、詳しくは公式サイトをチェックしてください。

➤ SOMPOで乗ーる で料金シミュレーションをする

【参考】ベンツでのリース契約についてはこちら

【結論】個人事業主がコスパ良くベンツをリースするなら

おすすめな人
ベンツのリース・しっかりとしたアフターサービスを受けたい人
・対面で契約をしたい人
・実車を見たい人
SOMPOで乗ーる・月々の支払額を少なくしたい人
・必要最低限のアフターサービスで満足できる人
・ネット上で契約を完結させたい人

料金が安いからと言って良いわけではありませんが、コスパ良くベンツをリースしたいならSOMPOで乗ーるを選びましょう。

というのも、SOMPOで乗ーるは、必要最低限のメンテンナンプランやオプションが充実しているからです。

例えば、フルメンテナンスのプランなら、車検や法定点検、消耗品の交換、バッテリー交換、夏冬タイヤ交換ができて、メーカー保証以外の部品も修理メンテナンスしてくれます。

これだけつけても料金はそこまで高くなりません。

ベンツは維持費が高いと言われていますが、これだけのオプションがついていれば安心できますよね。

ただ、やっぱり正規ディーラーのサポートは充実していると言えますので、しっかりとしたサポートを受けながらベンツに乗りたい人は、正規ディーラーでリース契約を結んだほうがいいでしょう。

なるべく料金を下げたいならSOMPOで乗ーるを選びましょう。

\納車まで長いのでは早めに相談/

審査&相談は無料

➤SOMPOで乗ーるの公式サイトへ

【参考】ベンツでのリース契約についてはこちら

ベンツをリースするときの注意点

個人事業主がベンツをお得にリースするならSOMPOで乗ーる一択です。

そもそもベンツをリースできるサービスがほとんどないという理由もありますが、SOMPOで乗ーるではメンテナンスプランやオプションが充実しているのに安い料金を実現しているからですね。

あえて不安な点を挙げると、まだまだ新しいサービスなのでベンツを借りた口コミがほとんどないことです。

こればっかりは仕方ありません。

ただ、運営元がDeNAやSOMPOホールディングスであることを考えると安心していいサービスだと言えます。

さらに、これからベンツをリースしようと考えている個人事業主は改めて次の点には気をつけておきましょう。

SOMPOで乗ーるでリースするときの注意点
  • 駐車場は自分で確保する必要がある
  • 途中解約が原則不可能
  • 契約終了時に精算が必要な場合もある
  • 距離制限がある

それぞれ紹介します。

駐車場は自分で確保しないといけない

SOMPOで乗ーるはリース(サブスク)契約であって、カーシェアリングではありません。

カーシェアだと車を好きなときに借りるだけですが、リースは車が自分のものになるイメージです。

なので、自分で車を管理する必要があるため、駐車場は自分で確保しておかないといけません。

ただ、手続きなどは代行して行ってくれるディーラーもあるみたいなので、契約時に相談してみましょう。

途中解約は原則不可

SOMPOで乗ーるでは、中途解約する場合には違約金が原則発生します。

これはどのリース(サブスク)サービスでもあてはまる注意点です。

どうしても乗り換えたいときには違約金を支払う必要があります。

ただ、SOMPOで乗ーるでは違約金が発生しないオプションもしっかり準備されています。

ライフスタイルの変化によってリース契約を解約したいと思う可能性ゼロではありませんよね。

心配な人はオプションをつけておくと安心です。

ただし、外国車をサブスクする場合には五年以下の契約期間ではこのオプションが使えないことには注意が必要です。

契約終了時に精算が必要な場合もある

これもSOMPOで乗ーるに限った話ではありませんが、リース(サブスク)契約では契約終了時に精算が必要な場合があります。

その精算とは、返却時の査定額が契約時に決めていた残価よりも下回っている場合の精算のことを言います。

将来の中古市場は下落している場合、最初に設定した残価を大幅に下回る可能性もあり、精算額が大きくなるかもしれません。

そんな心配をしたくないなら、これまたオプションで対応可能です。

月額千円ちょっと払うだけで返却時の残価精算の必要性がなくなります

逆に価値が上がっていると、この分だけバックを貰うこともできます。

かなりお得なオプションなので、不安な人はつけておきましょう。

距離制限がある

SOMPOで乗ーるのようなサブスクサービスには距離制限が付きます。

車の価値を一定程度保つために必要な制限となります。

SOMPOで乗ーるでは、1,000、1,500、2,000、3,000㎞から選ぶことができます。

清算時に距離がオーバーしていると追加料金が必要となりますので、契約前に距離制限はしっかりと検討しておきたいですね。

車を使う理由やライフスタイルなどを考慮して、心配なら長めの距離制限にしておくと安心です。

\納車まで長いのでは早めに相談/

審査&相談は無料

➤SOMPOで乗ーるの公式サイトへ

SOMPOで乗ーるでベンツをリースする流れ

SOMPOで乗ーるの申し込みの流れは次の通りです。

SOMPOで乗ーるの契約の流れ
  1. 仮審査の申し込み
  2. 専任スタッフとの商談
  3. 契約
  4. 納車

仮審査とは、申込みをした人が契約できるかどうかの確認をすることを言います。

仮審査に申し込んでもプラン変更等はできますし、キャンセルも可能です。

具体的な仮審査までの流れは以下の通りです。

まずは、好きな車種を選びます。

次に、グレード、リース期間、走行距離、装備、オプションやメンテナンスプランを選びます。

「仮審査申込へ」をクリックすると契約までの流れが紹介されます。

そのあと、同意事項に同意をし、氏名、住所や勤務先などの入力をします。

これにて仮審査の申込みは完了です。

後日、専任スタッフ等から連絡が来ます。

ここで、詳細な内容をつめたり、気になったことを質問しましょう。

仮審査後もキャンセルは可能です。
商談でつっこんだ内容などを聞いた方が納得できると思うので、気になっているなら気楽に仮審査を申し込んでみましょう。

\納車まで長いのでは早めに相談/

審査&相談は無料

➤SOMPOで乗ーるの公式サイトへ

個人事業主はベンツをリースしても大丈夫?

個人事業主がベンツをリースすることについてですが、リースすることについては当然問題はありません。

問題となるのは、リース料を経費として計上するかどうかですね。

ベンツは高級車でありますが、高級車だからといって経費と計上してはいけないという決まりはありません

ですので、個人事業主がベンツをリースして、リース料を経費として計上することには問題はありません。

ただ、やはり高級車であるということなので、税務当局からのチェックは厳しく入る可能性はあります。

本当に個人事業主としての業務に使用しているのかしっかりと説明できないといけません。

さらに、プライベートでも使用する場合には按分する必要が生じます。

ここも按分割合については厳しいチェックが入ることが予想されるので、按分割合について根拠をも持った合理的な説明をすることが求められます。

法律上、ベンツをリース料を経費として計上しても大丈夫です。
ですが、高級車ということで厳しいチェックが入ることが予想されるので、根拠を持って合理的に説明できるかがポイントとなりそうですね。

個人事業主が車をリースするメリット・デメリット

個人事業主が車をリースするメリットやデメリットについて紹介します。

ベンツをリースしようか迷っている個人事業主の人は参考にしてください。

個人事業主が車をリースするメリット

個人事業主が車をリースするメリットは次のとおりです。

個人事業主がカーリースするメリット
  • 経費処理が簡単になる
  • 管理維持の手間が少なくなる
  • まとまったお金なしで購入できる

簡単に紹介します。

メリット①;経費処理が簡単になる

個人事業主が事業に使う目的で新車を購入した場合、減価償却の処理が必要となります。

また、税金などの維持費も生じるので、それらも経費処理していく必要があります。

これがかなり面倒ではあります。

その分、リースなら月々のリース料を経費として計上することができるので、経費処理がかなり簡素化されて楽になります。

メリット②;管理・維持の手間が少なくなる

経費処理と重なりますが、車は維持や管理が大変。

車検は受けないといけないし、税金の支払いもあります。さらに、突然故障する可能性もありますよね。

そんなとき、新車の場合だと、自分で手続きを進める必要が生じます。突発的な費用もでてきます。

ですが、リースの場合だと、リース料金に含まれているので、突発的な費用が生じることはありません。

手続きもリース会社が管理してくれたりするので楽々ですね。

メリット③;まとまったお金なしで購入できる

カーリースの場合、車体代金や登録費用は月額料金に含まれているので、購入時にまとまったお金なしで購入することも可能です。

個人事業主として働いていると、突発的な出費はかなり痛手になることもあると思うので、リースはその点でありがたいですね。

個人事業主が車をリースするデメリット

個人事業主が車をリースすることにはデメリットも当然あります。

次の通りです。

個人事業主がカーリースするデメリット
  • 中途解約をすることができない
  • 残価処理の必要があるかもしれない
  • 距離制限がある

デメリットについても簡単に紹介します。

デメリット①;中途解約ができない

車のリース契約は基本的に途中で解約することはできません。

途中で解約しようとすると別途料金を支払う必要があります。

個人事業主として働いていると、経済状況やライフスタイルが変化したときに車を手放したいと思うときがあるかもしれないので、途中で解約できないのはリスクとなります。

ただ、リース会社によっては途中で解約することのできるオプションも用意されているので、心配な人は活用しましょう。

デメリット②;残価処理の必要があるかもしれない

月々の支払額を抑えることができるカーリースですが、契約終了時に想定外の出費が必要となる場合があります。

残価処理があるためですね。

リース契約では、契約時に残価を設定し、契約終了時の査定と比較して、差額があれば追加で料金を支払う必要があります。

厳密には契約の方法で残価処理のないものもありますが、多くのリース契約では必要となります。

例えば、残価を100万円で設定していた場合、契約終了時の車両の価値が50万円となっていたら、差額である50万円を清算しないといけないんです。

個人事業主としては、まとまったお金が必要なくて月々の支払額も抑えることができるリース契約は便利ではありますが、契約終了時に突発的な出費が必要となるかもしれないことは念頭に置いておきましょう。

残価処理についても、リース会社によってはオプションで無くすことも可能です。
心配な人はオプションを付けておきましょう。

デメリット③;距離制限がある

車のリース契約には走行距離の制限がついてきます。

これは、走行距離を制限することによって、車の価値が大幅に下がることを防ぐ目的があるからです。

個人事業主として車を頻繁に使う場合、この距離制限がネックとなりうるかもしれません。

ですので、契約時には、どれぐらいの距離制限がかかるのかということについてはしっかりと注意を払っておきましょう。

まとめ:ベンツに乗りたい個人事業主はリースがお得

個人事業主は新車でベンツを買うよりも、リースでベンツを買ったほうがお得なメリットがいっぱいあります。

今回紹介したサービスなどを参考にして、ぜひお得にベンツをリースしてくださいね。

おむつ代を節約したいならAmazonファミリー

Amazonファミリーを知っていますか?

おむつなどのベビーグッズを最大20%オフで購入できる「無料」のサービス

おむつやおしりふきは、毎月の固定費。固定費だからこそなんとか節約したい。そんな悩みを解消してくれるのAmazonファミリー。

さらに、Amazonプライム会員になるといつでもおむつが15%オフ

Amazonをいつも利用する人はもちろん、あまり利用しない人でも、ママやパパなら登録しておくべきサービスですね!

Twitterでフォローしよう