デメリットを徹底解説!ベンツのリースはメリットばかりではない
この記事で知れること
  • ベンツをリースするデメリット
  • デメリットを解消してベンツをお得にリースする方法

月額料金を抑えて、突発的な出費に悩むことなく車に乗れるのがカーリースの魅力ですよね。

高級車であるベンツもリースなら気楽に乗ることができます。

ですが、ベンツのリースはメリットばかりではありません。

どんなサービスにもデメリットはあるので、契約する前にしっかりと検討することが大切です。

この記事では、ベンツをリースするデメリットを徹底解説します。

ベンツのリースが気になっている人はぜひチェックしてみてください。

ベンツをリースするデメリットを徹底解説

ベンツをリースするデメリットは次の通りです。

ベンツをリースするデメリット
  1. リース契約を途中解約できない
  2. 車を完全に自由に使えるわけではない
  3. 残価精算が発生する場合がある
  4. 購入と比べると割高に感じる

それぞれ詳しく紹介します。

デメリット①:リース契約を途中解約できない

ベンツに限らずカーリース契約の多くは、契約年数をベースにリース料金を設定しています。

このような背景から、リースは途中で解約されることを想定していませんので、どんな事情があろうとも途中でリース契約を解約することは原則できません

なので、途中で解約する場合には、高額な追加料金を支払う必要があります。

頻繁に車を乗り換えたい人にとってはデメリットといえますね。

ただ、ベンツをリースできるサービスには、途中で解約できるオプションを付けることができるものもあるので、気になる人はあとで解説しているのでチェックしてみてください。

デメリット②:車を完全に自由に使うことができない

リース契約はあくまでも「車を借りる」形態の契約です。

なので、車の所有権はリース会社にあって、契約者は車の使用する権利があるのみです。

このことから、多くのリース契約では車の使用に制限がかかっています。

具体的に言えば、走行距離制限や改造制限ですね。

大きく車の価値が下がらないように、リース契約では月間走行距離に2,000キロといったような走行距離制限がかかっていることが多いです。

また、同じような理由から、リースしたベンツを自由に改造することができません。

どうしてもベンツのドレスアップなどをしたい場合には、事前に必ずリース会社に問い合わせする必要があります。

車の改造などに興味がない人からすると全くデメリットにはなりませんね。

デメリット③:残価精算で追加費用が発生する場合がある

そもそもリース契約ではなぜお得にベンツに乗ることができるのかというと、契約時に「残価設定」をするからです。

残価設定とは簡単に言うと、契約満了時のベンツの価値を最初に決めておいて、その分を支払総額から差し引く仕組みです。

例えば、1,000万円のベンツを7年間リースする場合。

リース契約時に、カーリース会社が残価を300万円だと決めたとします。

支払総額は、1,000万円ー300万円=700万円となります。

この700万円を7年で分割して支払うので、月額料金を安くすることができるわけですね。

残価設定をすると月々の支払額がグッと減ります。

ただ、契約終了時に残価の精算で差額が生じた場合には追加料金が生じます。

さきほどの例でいうと、リース契約時に残価を300万円と決めましたが、契約終了時の実際の残価が250万円だった場合、差額の50万円を清算する必要が生じます。

リースしたベンツの使い方によっては、残価清算で思わぬ出費が生じる可能性があるんですよね。

ただ、このデメリットについても、オプションで解消することができるサービスがあるので、気になる人は下の解説をチェックしてください。

デメリット④:購入と比べると割高に感じてしまう

ベンツのリースは、現金一括やローンなどに比べると、割高感があると言われます。

これが最大のデメリットだと。

でも、これはかなり感覚的な問題であって、割高に感じる理由は、リース契約の料金体系と契約期間にあります。

まずリース契約では、月額のリース料金に車両本体代金以外にも税金やメンテナンス費用などの料金が諸々含まれています。

ローン契約には税金などが含まれていないので、リースの方が高く感じるわけですね。

さらに、リース契約は7年以上の長期になることが多く、支払期間が長くなることからより割高に感じます。

ただ、これは反対から考えるとリースのメリットとなります。

月額料金に全て含まれているので、月々の支払額が明瞭で、突然の大きな出費はありません。

メンテナンスプランなどによって突然の故障にも対応できるので、維持費が高いと言われるベンツに気楽に乗ることが出来ますよね。

デメリットを解消してベンツをリースする方法

ベンツを新車でリースする方法は2通り。

ベンツをサブスクする方法
  1. 正規ディーラーでのリース契約
  2. 「SOMPOで乗ーる」でのリース契約

ディーラー以外でベンツをお得にリースできるカーリース会社は「SOMPOで乗ーる」しかありません。

正規ディーラーかSOMPOで乗ーる(カーリース会社)の二択というわけです。

ベンツのような外車を扱っているカーリース会社はほぼありません。
逆に言えば、迷わなくて済みますよね。
リースとサブスクの違い

車のサブスクとは、一定額を支払って車を使用することを言います。あくまでも車を所有しているのはサブスク会社であって、リースも同じような仕組みです。

なので、サブスクとリースは同じ意味だと考えても問題ありません。

ある会社がリースだと言えばリースで、サブスクだと言えばサブスクとなります。

契約内容については変わりはないので、言葉の違いは気にしなくても大丈夫です。


右へスライド   
     
(正規ディーラー)
ベンツのリースプラン         
SOMPOで乗-る          
車種全ての車種
(一部例外あり)
全ての車種
(問い合わせ要の車種あり)
料金に含まれるもの・車両本体価格
・オプション価格
・自動車税
・重量税
・自賠責保険料
・任意保険
・メンテナンス費用
・車両本体価格
・オプション価格
・自動車税
・重量税
・自賠責保険料
・車検代
・オイル交換メンテナンス費用
契約期間2~5年3、5、7、9年
走行距離制限あり
(複数の選択肢あり)
あり
(複数の選択肢あり)
頭金あり・なしの選択可あり・なしの選択可
ボーナス払いあり・なしの選択可あり・なしの選択可
残価清算ありあり
(オプションでなしへの変更可)
契約完了時の選択肢・乗り換え
・購入
・乗り換え
・再リース
・返却
・もらえる
詳細は公式サイトで要チェック

比較すると上のようになります。

結論、リースをデメリットを解消するにはSOMPOで乗ーるがおすすめです。

以下では、どっちがいいのかについて、料金などを比較して検討しているので、参考にしてください。

SOMPOで乗ーるならリースのデメリットを解消できる

さきほど紹介したように、ベンツのリースには4つのデメリットがありました。

ベンツをリースするデメリット
  1. リース契約を途中解約できない
  2. 車を完全に自由に使えるわけではない
  3. 残価精算が発生する場合がある
  4. 購入と比べると割高に感じる

でもSOMPOで乗ーるだと、オプションが豊富なので、①途中解約できない②残価精算の必要があるという二つのデメリットを解消できます。

具体的には次のオプションです。

SOMPOで乗ーるのおすすめオプション
  • 残価保証オプション
  • 中途解約オプション

残価保証オプションは月々1,100円で加入でき、このオプションを付けると残価精算が不要になります。

さらに、リース契約終了時のベンツの価値が、残価よりも高い場合、その差額を受け取ることが可能です。

また、中途解約オプションは、一定の条件を満たせば、契約期間の途中でも解約することが可能となります。

条件は次の通りです。

中途解約するための条件
  • 未払いリース料がないこと
  • 車を現状回復すること
  • 車を返却すること
  • 契約期間が7年以上であること
このように、オプションをつけることで、リース契約における大きなデメリットを解消できます。

どっちがお得?リース料金で比較

次は、ベンツのリース料金を比較して、どちらのリースがお得なのか検討します。

ベンツの新車で最も人気のあるgクラス(ゲレンデ)で料金を比較してみましょう。

→右へスライド
【5年間のリースの場合】          
月額料金例    オプション        含まれるもの                
ベンツのリース
(正規ディーラーでの契約)
168,813円なし・車両本体価格
・登録時の諸費用&税金
・自賠責保険
・自動車税
・メンテナンス&保証プラス
SOMPOで乗ーる165,250円・ETC
・カーナビ
・バックカメラ
・フロアマット
・車両本体価格
・オプション
・登録時の諸費用&税金
・自賠責保険
・自動車税
・SOMPOで乗ーるのフルメンテナンス
・安心乗ーるプラス
・残価保証オプション
最新の料金は公式サイトでチェックしてください。

今回の料金の算出では、外車は維持費が高いということもあって、有償のメンテナンスプランを付けました。

ベンツ正規ディーラーでのリース契約では「メンテナンス&保証プラス」が、SOMPOで乗ーるでは「SOMPOで乗ーるのフルメンテナンス、安心乗ーるプラス 」がそれに該当します。

ともに法定点検や消耗品の交換をしてくれたりといった点では共通していますが、やはり正規ディーラーであるベンツのメンテナンスプランの方がサービスは充実しています。

ですが、SOMPOで乗ーるのオプションは必要最低限のものはしっかりとついています。

オプションを削ってもっと安くしたいなら、SOMPOで乗ーるの方がより安くできます。

ディーラーのリース契約のシミュレーションでは、バックカメラやフロアマットなどのオプションは何もつけませんでした。

ですので、オプションをつけるともっと料金が高くなります。

今回紹介したSOMPOで乗ーるの値段は最上位プランです。
もっとオプションを削れば、より安くすることができます。

➤SOMPOで乗ーるでの料金シミュレーションをはこちらから

➤ベンツ公式サイトでの料金シミュレーションはこちらから

【もっと詳しく】SOMPOで乗ーるのプランについて

SOMPOで乗ーるには三つのプランがあります。

メンテナンスにお金がかかる外車に乗るからには「フルメンテプラン」がおすすめ。


右へスライド
       
シンプル
プラン   
ライトメンテ
プラン     
フルメンテ
プラン    
クルマ代
登録諸費用
税金
(自動車税等)
自賠責保険
車検
法定点検
オイル交換
エンジン、ギア、ブレーキの点検整備
エアコンの点検整備
消耗品の交換
バッテリーの交換
一般整備
代車
夏冬タイヤ交換

さらに、フルメンテプランでは「安心乗ーるプラス」が用意されています。

メーカー保証外のパーツやメーカー保証が切れた後でもメンテナンスを受けられるサービス。

より安心して外車にのりたいならつけておいて損はありません。

ほぼ同じ車両本体価格の車を、同じ期間のサブスク契約で比較しましたが、ディーラーによるリースの方が料金が高くなることがわかります。

やはり、正規ディーラーでの購入ということもあって、サービスが充実してることや、ブランドとしての付加価値が加わっていることが関係しているのかもしれません。

一方で、SOMPOで乗ーるでは、用意されているメンテンナンスプランの中で最も良いプランを選択しましたが、安い結果となりました。

オプションも含めた全てこみこみの料金となっています。

実際のところ、正規ディーラーでのリースについては見積もりを出さないと正確には比較はできませんが、SOMPOで乗ーるの方が安いということが言えそうです。

他にも、リーズナブルなプランを選択すれば、月々の7万円や8万円からでベンツに乗ることができるので、詳しくは公式サイトをチェックしてください。

➤ SOMPOで乗ーる で料金シミュレーションをする

【参考】ベンツでのリース契約についてはこちら

【結論】デメリットを少なくしてコスパ良くベンツをリースするなら

おすすめな人
ベンツのリース
(ディーラー)
・しっかりとしたアフターサービスを受けたい人
・対面で契約をしたい人
・実車を見たい人
SOMPOで乗ーる・月々の支払額を少なくしたい人
・必要最低限のアフターサービスで満足できる人
・ネット上で契約を完結させたい人

料金が安いからと言って良いわけではありませんが、コスパ良くベンツをリースしたいならSOMPOで乗ーるを選びましょう。

というのも、SOMPOで乗ーるは、必要最低限のメンテンナンプランやオプションが充実しているからです。

例えば、フルメンテナンスのプランなら、車検や法定点検、消耗品の交換、バッテリー交換、夏冬タイヤ交換ができて、メーカー保証以外の部品も修理メンテナンスしてくれます。

これだけつけても料金はそこまで高くなりません。

ベンツは維持費が高いと言われていますが、これだけのオプションがついていれば安心できますよね。

さらに、さきほど紹介したように、残価保証オプションや中途解約オプションをつけることで、ベンツをリースするデメリットを解消できます。

ただ、やっぱり正規ディーラーのサポートは充実していると言えますので、しっかりとしたサポートを受けながらベンツに乗りたい人は、正規ディーラーでリース契約を結んだほうがいいでしょう。

なるべく料金を下げたいならSOMPOで乗ーるを選びましょう。

今が買い時!決算期のお得なキャンペーン中

・仮審査通過だけでAmazonギフトカード1,000円分貰える

・さらに、成約すると二万円分の成約プレゼントが貰える(例:カーナビなどのカー用品二万円分値引き等)【先着1,000名限定】

\早めに相談しておくと納車が早まります/

※仮審査&相談は無料

※ネット上で簡潔するのでディーラーに行くより気楽

➤SOMPOで乗ーるの公式サイトへ

【参考】ベンツでのリース契約についてはこちら

SOMPOで乗ーるでベンツをリースする流れ

SOMPOで乗ーるの申し込みの流れは次の通りです。

SOMPOで乗ーるの契約の流れ
  1. 仮審査の申し込み
  2. 専任スタッフとの商談
  3. 契約
  4. 納車

仮審査とは、申込みをした人が契約できるかどうかの確認をすることを言います。

仮審査に申し込んでもプラン変更等はできますし、キャンセルも可能です。

具体的な仮審査までの流れは以下の通りです。

➤SOMPOで乗ーるの公式サイトへ

まずは、好きな車種を選びます。

次に、グレード、リース期間、走行距離、装備、オプションやメンテナンスプランを選びます。

「仮審査申込へ」をクリックすると契約までの流れが紹介されます。

そのあと、同意事項に同意をし、氏名、住所や勤務先などの入力をします。

これにて仮審査の申込みは完了です。

後日、専任スタッフ等から連絡が来ます。

ここで、詳細な内容をつめたり、気になったことを質問しましょう。

仮審査後もキャンセルは可能です。
商談でつっこんだ内容などを聞いた方が納得できると思うので、気になっているなら気楽に仮審査を申し込んでみましょう。

今が買い時!決算期のお得なキャンペーン中

・仮審査通過だけでAmazonギフトカード1,000円分貰える

・さらに、成約すると二万円分の成約プレゼントが貰える(例:カーナビなどのカー用品二万円分値引き等)【先着1,000名限定】

\早めに相談しておくと納車が早まります/

※仮審査&相談は無料

※ネット上で簡潔するのでディーラーに行くより気楽

➤SOMPOで乗ーるの公式サイトへ

ベンツをリースするメリット

最後にサラッとベンツをリースするメリットを紹介します。

ベンツをサブスクするメリットは次の3つです。

  • まとまったお金なしでベンツに乗れる
  • 毎月定額払いなので安心して乗れる
  • ネット上で契約を完結できる

最大のメリットは、まとまったお金なしでベンツに乗れることですね。

ベンツは高級外車なので、契約時の頭金や諸手数料はかなり割高になります。

ですがサブスクなら、頭金などの大きなお金を一切用意することなく乗れます。

また、車を乗りはじめたら、税金や車検がホントに怖いですよね。

特にベンツを始め外車の車検は高額となります。

急に20万円前後の出費はきついので、サブスクで毎月定額にできると安心ですよね。

ベンツに乗りたくて、しかも車種も決まっているのであれば、ネットでサクサクと申し込みができるサブスクの方が気楽に契約出来ますよ!

まとめ:デメリットを検討して、ベンツのリースを楽しみましょう

どんなサービスにもデメリットはつきもの。

ただ、お得なサービスを使えば、ベンツをリースするデメリットを解消することは可能です。

ベンツをお得にリースしたい人は、今回紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

今が買い時!決算期のお得なキャンペーン中

・仮審査通過だけでAmazonギフトカード1,000円分貰える

・さらに、成約すると二万円分の成約プレゼントが貰える(例:カーナビなどのカー用品二万円分値引き等)【先着1,000名限定】

\早めに相談しておくと納車が早まります/

※仮審査&相談は無料

※ネット上で簡潔するのでディーラーに行くより気楽

➤SOMPOで乗ーるの公式サイトへ

おむつ代を節約したいならAmazonファミリー

Amazonファミリーを知っていますか?

おむつなどのベビーグッズを最大20%オフで購入できる「無料」のサービス

おむつやおしりふきは、毎月の固定費。固定費だからこそなんとか節約したい。そんな悩みを解消してくれるのAmazonファミリー。

さらに、Amazonプライム会員になるといつでもおむつが15%オフ

Amazonをいつも利用する人はもちろん、あまり利用しない人でも、ママやパパなら登録しておくべきサービスですね!

Twitterでフォローしよう