公務員になりたいと思ったきっかけなんてなんとなくだから、志望動機なんてないよね・・・
どうしたらいいんだろう?
今回は、この悩みをすっきり解消します!
この記事で知れること
  • 公務員の志望動機なんてなくても大丈夫な理由
  • 建前の志望動機を作るべき理由
  • 説得力ある建前の志望動機を作る方法
  • 志望動機がない人が今からすべきこと
この記事を書いている人

元裁判所書記官、現県庁職員。

一度目の公務員試験では、ろくでもない志望動機でも裁判所は一桁、国家一般職は10番台で合格出来ました。

二回目の試験ではその反省を生かして志望動機を作り込み、社会人経験者枠で県庁に転職しました。

志望動機を考え抜いた経験から、建前の志望動機の考え方を紹介できます!

「公務員という職種に憧れがあるから、志望動機なんてない!!」

多くの人の本音はこうだと思います。

実際私もかっこいい志望動機なんてない状態でしたが、公務員になれているし、公務員から公務員への転職も出来ています。

公務員の志望動機なんてなくても大丈夫です。

ただ、面接では本音は言えないので、どうしても建前の志望動機が重要となります。

そこで、この記事の最終目標としては、建前の志望動機の作り方を徹底解説します。

志望動機がないという人でも、必ず建前の志望動機を作るためのヒントを得られる内容となっているので、志望動機に作りに悩んでいる人は要チェックです!

「公務員の志望動機なんてない」からのスタートでも合格できます

公務員になりたい本当の理由はなんですか?

公務員になりたい本音の志望理由
  • 安定しているから
  • まったり働きたいから
  • 民間で働きたくないから
  • ノルマの無い仕事がしたいから
  • 公務員としてモテたいから

本音はこんな理由の人多いのかもしれません。

こんな理由から公務員を目指した人が、志望動機がないと悩むのは無理もないです。

公務員の志望動機は独特で作るのが難しいですし、勉強で忙しくて考える時間もないからですね。

でも、本音の公務員の志望動機なんてそんなものでよくて、面接で言えるようなものがなくても大丈夫

そんな状態からの出発でも公務員試験に合格できます。

「公務員の志望動機がない」という状態からでも合格できる理由を、私の実際の志望動機を紹介しながら簡単に解説します!

上位合格した志望動機の実例紹介

ほんとに志望動機なんてなくても合格できるの?

建前の志望動機は作成すべきですが、最悪大したことない志望動機を言っても内定はもらえます

そういえる理由は私の経験にあります。

これから紹介しる志望動機は全てたいした志望動機ではないですが、上位合格できた試験もあります。

面接は志望動機が全てではないということがわかると思います。
裁判所事務官の志望動機

傍聴に参加するうちに、裁判は、当事者の人生を左右する重要なものだと感じました。

そして、裁判官、弁護士、検察官などが、十分に力を発揮することが重要であり、これらの人達をサポートする裁判所職員の仕事に魅力を感じました。

私も裁判所職員として、働きたいと考えて志望します。

こんな誰でもいえるような志望動機でも、一桁台で合格できました。

国家一般職(人事院面接)の志望動機

ボランティアの経験から公務員を目指し、国民に密着したものから、国の基盤を支えるものまで、幅広い業務に携われる仕事をしたいと考えたからです。

国家公務員になりたい理由を、ボランティアの経験から語っていますね。

自分でも弱い志望動機だと思いながらも、10番台で最終合格しました。

都庁の志望動機

人や企業などが集まり、日本の首都として機能している東京を支える職員として働生きたいと思ったので志望しました。

このように考えるようになったきっかけは、災害によって都市としての問題が発生したことを目の当たりにしたことです。

災害によって、東京都の弱さを初めて実感し、日本の政治、経済の中心である東京都を強い都市にしたいと考えました。

また、国や他の自治体に先駆けた政策を積極的に推進する姿勢に魅力を感じたことも、志望した理由であります。

これもよくわからない志望動機ですが、合格できました。

さすがに順位はほぼ最下位レベルでしたが・・・。

こんな感じで、志望動機がゆるくても合格できます。

そこまで、公務員試験の面接において志望動機はそこまで重要視されていないのかもしれませんね。

ただ、ゆるい志望動機で面接に挑むのはリスクが高いです。
これから紹介する志望動機の作り方を参考にして、なるべくしっかりとした建前の志望動機を作ってください!

内定を獲得したほとんどの人が志望動機なんてない

「志望動機がない」のは皆同じです。

裁判所でも、県庁でも、いろいろな人と関わりましたが、みんな「志望動機なんて建前」だと言っていますね。

やっぱり、多くの人が、上で挙げたような理由で公務員を目指し始めます。

そして、面接対策のために建前の志望動機を作り出すんですよね。

特に、県庁には社会人経験枠で入庁しましたが、ほとんどの人が「前職が辛いから」という理由です。
銀行マンが多いので、銀行ってよっぽどストレスがたまる仕事なんだと思いましたね。

社会人経験のある人でも明確な志望動機なんてないんです。

一度も働いたことがない新卒の人なんて、なおさら明確な志望動機なんてないのかもしれません。

こんな感じて、志望動機がない人でも、建前の志望動機を言って合格しているんです。

今から公務員を目指す人も、現時点で志望動機なんてなくても大丈夫!

面接用の志望動機を作り出せればそれでいいです。

面接用の志望動機の作り方については、後ほど解説します。

建前の志望動機は重要:面接官も志望動機がないことを知っているから

志望動機は重要ではないかもしれませんが、建前の志望動機は作りこむことをお勧めします!

理由は次の通りです。

面接官も、ほとんどの受験生が志望動機が建前だっていうことを知っています。

だからこそ、志望動機を深堀して、その建前の志望動機を打ち崩し、本音を知ろうとするからです。

先ほども言ったように、ほとんどの受験生が志望動機なんて建前で言っているんです。

もし自分が面接官になったら、受験生に志望動機なんて建前なんだろうなと疑いますよね?

それは、もっと上の世代の職員も同じであって、面接官もそうです。

じゃあ、面接官がすることは一つで、本音を知ろうとします

例えば、社会人経験がある受験生の場合、前の職場でのネガティブな経験があって、公務員を目指したのではないかと疑います。

  • ストレスで辞めた
  • 人間関係がうまくいかずに辞めた
  • 適当に職業を選択して無責任に辞めた

これらの理由がないか探ります。

面接官としても、公務員として採用してすぐに辞められたら困りますからね。

志望度の高い受験生を採用したいはず。

このように、面接官は受験生の気持ちを知っているからこそ、本音を知るために志望動機を深堀してきます。

つまり、この深堀に耐えることができる建前の志望動機は作っておいた方がいいということですね!

心の中にある本音は何でもいいんです。
でも、その本音が面接で出ないように、建前の志望動機を作りこむ必要があります!

「公務員の志望動機がない」人のために:作り方を伝授

そもそも志望動機なんてないから、建前の志望動機なんてどうやって考えればいいのかわからないよ・・・

そんな人のために、強力な志望動機の作り方を伝授します。

考え方としては以下の2つです。

建前の志望動機を作るための考え方
  • 自分と志望する公務員との接点を探す
  • やってみたい仕事を探す

この二つを意識して作れば、建前の志望動機としては強力な志望動機を作成することができます。

公務員との接点を探す

まず、自分と公務員との接点を探すことで志望動機が強固になります

例えば、銀行の仕事を今までしていた人が、福祉の仕事をしたいと志望動機の中で答えても説得力を出しづらいです。

それよりも、銀行の仕事の経験から考えます。

例えば、「融資の仕事をするなかで、公的な立場から中小企業の支援を行いたいと考えるようになった」みたいな感じです。

自分と公務員との接点を探すことができれば、面接官も納得しやすい志望動機を作りだすきっかけとなります。

要は、自分の経験から公務員になりたい理由をしっかりと説明するということです。

私の例で言えば、裁判所から県庁へ転職するときに、裁判所の経験から県庁を目指す理由を説明しました。

地元以外の自治体でしたが、「裁判所で働く中で、県庁で働きたいと思うようになった」というような流れで志望動機を作成しました。

詳しい内容は次の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

【例文で解説】簡単に地元以外の志望動機を作る方法!縁もゆかりもなくても地方公務員になれます

今までの経験で、公務員との接点は何かありませんでしたか?
自己分析で自分の過去をしっかりと書き出して、公務員とつながりのある経験がないかどうか探してみましょう!

やってみたい仕事を志望動機に入れる

また、やってみたい仕事を志望動機に盛り込むことも重要です。

ここで言うやったみたい仕事とは、「その公務員ならでは仕事」である方がいいですね。

その公務員でしか行えないような仕事をそこで働いてやってみたいと言えることができれば、他の公務員ではなく「その公務員」を目指す理由を明確に伝えることができますからね!

例えば、さきほどの銀行員の志望動機の場合。

志望する自治体が、他の自治体よりも中小企業の支援に力を入れていて、積極的な政策を打っていると、その取り組みは志望動機に入れ込みやすいですよね。

「他の自治体より、積極的に中小企業支援を行っているから〇〇県庁を志望した」みたいな感じで、志望動機により厚みをもたせることができます。

志望する公務員の仕事内容を徹底的に調べましょう。
そうすることで、志望動機に使えそうなネタを見つけることができます!
あわせて読みたい

より具体的な志望動機の考え方は、次の2つの記事を参考にしてもらうともっと理解が深まると思います。

ぜひ参考にしてください。

【公務員】志望動機は2つのことを意識するだけ!例文検索に終止符を打つ書き方講座

【例文で解説】簡単に地元以外の志望動機を作る方法!縁もゆかりもなくても地方公務員になれます

「公務員の志望動機がない」人がすべきこと

志望動機がない人が、説得力ある建前の志望動機を考えるためにすべきことは以下の2つです。

志望動機がない人がすべきこと
  • 自己分析をしっかりと行う
  • 志望する官公庁の仕事内容を調べる

最初にしてほしいことは、自己分析です。

自己分析をすることで、公務員との接点を見つけることができるからです。

公務員を目指すこととなったきっかけをまずは探し出さないと、説得力ある志望動機を作ることは難しくなります。

公務員試験を受験する人はどうしても勉強に集中してしまって、自己分析がおろそかになっている人が多い印象です。
志望動機作りには必須なので、必ず一度は自己分析をするようにしましょう!

自己分析と同時並行でやってほしいことが、志望先の研究です。

志望先を研究することで、自分との接点を探すことができますよね。

また、志望動機に取り組みたい仕事内容を入れ込むことで、より志望動機が説得力あるものになります。

まとめると、自分と志望先の研究をしっかりとしましょう!
自分の過去の経験から目指すきっかけを説明し、そのうえで取り組んでみたい仕事をいうことで、説得力ある建前の志望動機を作ることが出来ますからね!
自治体研究は難しいし面倒

自治体研究の基本の方法は、その官公庁のHPから事業計画などの資料を探しだすことです。

ただ、これがかなり面倒なので、官公庁の情報をバチっと検索したい人は、次の二つの方法を利用してみるのもありですね!

最新の情報を集めるなら新聞はかなり有効

ネットニュースだと自分の好きな情報を集めてしまって、情報が偏ってしまうことがあります。

新聞だと偏ることなく、日本の問題点や各自治体の政策例など幅広く情報を集めることができますよね。

新聞なんてとってないという人は、「朝日新聞デジタル」が安くておすすめ。

大手新聞社の中で唯一「就活割」というものをやっていて、就活生ならほぼ半額の2000円で読むことができます。

一年分の過去記事検索もできるので、調べたい分野について直近一年の最新情報を集めることができますよ!

\就活割でお得に情報収集/

サクッと空き時間に調べたい人はニュースアプリ

ニュースアプリの中でも、スマートニュースが最もおすすめです。

各都道府県の地域密着ニュースをまとめてみれるので、志望動機で使えそうな情報を簡単に集められます。

新聞に苦手意識がある人は、まずはアプリでの情報収集から始めましょう!

\無料で利用可能/

私は官公庁のHPをメインにしながらも、新聞とアプリも利用して情報収取を行っていました!

まとめ:建前の志望動機は作るべし!

なんとなく公務員になりたいから志望動機なんてないよ。

それはそれで全然問題ないです。

ただ、建前の志望動機は面接のために用意しておいた方がいいでしょう。

詳しい志望動機の作成方法を知りたい方は、別の記事で詳しく解説しているので、そちらを参考にして下さい!

おむつ代を節約したいならAmazonファミリー

Amazonファミリーを知っていますか?

おむつなどのベビーグッズを最大20%オフで購入できる「無料」のサービス

おむつやおしりふきは、毎月の固定費。固定費だからこそなんとか節約したい。そんな悩みを解消してくれるのAmazonファミリー。

さらに、Amazonプライム会員になるといつでもおむつが15%オフ

Amazonをいつも利用する人はもちろん、あまり利用しない人でも、ママやパパなら登録しておくべきサービスですね!

Twitterでフォローしよう