共働き夫婦なんだけど、嫁がご飯を作ってくれないんだよね・・・。
皆そんな感じ?どうしたらいいの?
今回は、この悩みを解消します!
この記事で知れること
  • 共働きの奥さんがご飯を作らない理由
  • 共働きの奥さんがご飯を作らないときのオススメ解決法

共働きの嫁がご飯を作らない・・・。

そんな悩みを言うと、「じゃあ自分で作ればいいんじゃないの?」という答えが返ってきますよね。

確かにその通り。

でも、仕事の形態や忙しさなど、それぞれの家庭にそれぞれの事情があって、「嫁が作ればいい、旦那が作ればいい」では解決出来ないのも事実ですよね。

だから、どうしてもご飯を奥さんに頼ってしまうんですよね。

そこで、今回は共働きの奥さんがご飯を作らない理由を考え、ご飯を作らないときの解決策を紹介します!

共働き夫婦のご飯問題を解決できる内容になっているので、悩んでいる人はぜひ一読してください。

【共働き】奥さんがご飯を作らない理由

共働きの奥さんがご飯を作らない理由には何かあるはず。

理由がわかれば対処方法がわかりますよね。

ご飯を作らない理由としては次の4つが考えられます。

  • 仕事で疲れているから
  • 買い物や献立を考えるのがめんどくさいから
  • 家事分担に不公平感を抱いているから
  • ご飯よりも子供との時間を優先したいから

簡単に解説します。

仕事で疲れている

最も多い理由は、「仕事で疲れているから」ではないでしょうか。

仕事ってどんな仕事でも疲れるものですよね。例え一日中座っている仕事であっても。

同僚、上司や取引先の人と話すだけでも、無意識に気を使っていて精神的に疲れすからね。

これが立ち仕事だと肉体的な疲労も合わさります。

さらに、通勤時間が長いと余計に疲れる。

といった感じで、奥さんの仕事がなんであっても、やっぱり働いたら疲れるもの。

疲れている中で、ご飯を作るのってしんどいですよね。

共働きだと、「仕事で疲れたからご飯を作りたくない」っていう理由は理解できるんじゃないでしょうか。

買い物や献立を考えるのがめどくさい

次に考えられるのが、「買い物や献立を考えるのがめんどくさい」ですね。

もしかしたら、ご飯を作ることは構わないと考えているのかもしれません。

でも、献立を考えて、食材を買いにいって、思い荷物を持って帰ってくるという過程が嫌なのかも。

ご飯を作ることのめんどくささって、「献立を考えること」に集約されると思います。

毎日同じ献立なら考えなくても済みますが、毎日違う献立を考えてレシピを調べるのってかなりめんどう。

だから、「あー、もういいや。めんどくさいから作らない」となってしまうんですよね。

レシピと食材があれば、料理はほぼほぼ完成に近づいたようなものですよね。

家事分担割合に対する不公平感

大きな理由ではないけど、ご飯を作らない理由の根底にいつもあるのはこれかもです。

家事に不公平感を感じていて、イライラするから作らないんですね。

ご飯を作った後の調理器具や食器洗い、その他にも、洗濯物を干したり畳んだり、掃除機をかけたり等々。

もし、多くの家事を奥さんがしているならば、かなり疲れると思います。共働きならばなおさら。

そして、家事のなかで一番時間がかかって、一番労力がいるのが料理です。

他の家事もしてるのに、一番しんどい料理もしなければならないとすれば、嫌になるのは当然ですね。

子供との時間を確保したいから

私の友人の中には、「子供ともっと過ごしたいから」という意見もありました。

確かに共働きだと、子供と過ごせる時間ってかなり限られますよね。

帰って来て食事やお風呂に入ったらすぐに寝かしつけ。子供と遊ぶ時間なんて無い人も多いかと思います。

だからこそ、料理をする時間がもったいないと感じて、ご飯を作らないという人もいるみたいですね。

平日も子供との時間を大切にしたい。
そんな気持ちはわからなくもないですよね。

【共働き】奥さんがご飯を作らない場合の対処法

対処法と言うと大袈裟ですが、これからどうしたらいいのかということですね。

基本的な考えと、即効性のあるオススメサービスを紹介します。

基本は「協力」が大事

「手伝う」ではなく「協力」です。

共働きの奥さんがご飯を作ってくれない理由としては大きいのは、仕事で疲れていたり、家事分担に不公平感を感じているからです。

ですので、協力して、少しでも肉体的精神的負担を減らすことが大事なんです。

例えば次のような感じ。

  • 夫が土日の料理を担当する
  • 平日に料理以外の家事を夫が率先して行う

ご飯を作る負担を少しでも軽くすることが重要ですね。

いやいや、そんな簡単な問題じゃないんだよね。
協力しても作ってくれなさそうだし、自分で作るのも面倒なんだよね。

そういった声もありますよね。

あと、今までの習慣をすぐに変更できるわけではないですよね。

そんな時には、日々を乗り切るための便利なサービスを駆使することオススメします。

毎日のご飯を作ってくれない問題を解決出来るからです。

具体的には次のような感じです。

【日々を乗り切る便利な方法】

  • フードデリバリーサービスを利用する
  • 冷凍弁当を活用する
  • 食材配達サービスを利用する
とりあえずは、ご飯の準備が楽になる方法をフル活用します。
そして、便利なサービスをこのまま使い続けるもよし、夫婦で話し合いをして自炊するための解決策を見つけるのもよしですね!

フードデリバリーを頼む

最も即効性のある対処法ですね。

仕事で疲れていてご飯が作れない、でもすぐにご飯が必要って時に役立ちます。

安い、早い、便利なサービスと言えば、Uber Eats(ウーバーイーツ)ですよね。

急遽ご飯がないっていう時には大活躍。

まだ利用したことが無い人は一度利用してみてはいかがでしょうか。

➤iOSでUber Eats をダウンロード ➤AndroidでUber Eats をダウンロード 【a】Uber Eats  フード注文

冷凍弁当をストックしておく

ご飯を安く済ませるなら「冷凍弁当」のサービスがおすすめ。

仕事で疲れていたりしてご飯を作るのが面倒って時には、コンビニやスーパーのお弁当に頼ることも多々あると思います。

ただ、コンビニやスーパーのお弁当って割高だから、費用が高くなりますよね。

冷凍弁当なら夫婦二人で1000円ちょっとぐらいで栄養豊富なものを食べられるので、かなり費用を安く抑えられます。

そしてなんと言っても、ストックしておけばいつでもすぐに食べられる手軽さが良いですよね。

急にご飯がなくてもレンジでチンすればすぐに食べられます。

フルタイム共働き夫婦である私たちもフル活用しています!
味も美味しくて、片付けいらず。
料理にかかる費用とそこまで大差は無いので、毎日のご飯に悩んでいるならぜひ試してはどうでしょうか。
最もおすすめな宅配弁当サービス

初めて利用するなら「食卓便」です。

味、品数、栄養バランスどれをとっても満足。

なによりも他のサービスと比較しても値段が安いんです。一食600円前後で栄養満点の食事ができます。

安くてバランスも良いので、初めてで何を選べばいいか迷う人は「食卓便」を選びましょう!

\【送料無料】一食500円のお試しセットあり/

食材配達サービスを利用する

ご飯を作るのはいいけど、買い出しがめんどくさいという人には食材配達サービスが便利です。

買い物を省略するだけでご飯を作る労力をかなり少なくできます。

一番のおすすめは、「イエコック」です。

おすすめポイントは次の通り。

イエコックのおすすめポイント
  • 好きな曜日に好きな野菜が届く
  • 野菜はカットされた状態で届くので、包丁やまな板を使わない
  • 水洗いや皮むきは不要の状態で届くので、すぐに調理ができて生ごみも出ない
  • 専用レシピサイトがあるので、届いた野菜を献立に悩まず料理ができる

イエコックを使うと、買い物はしなくてもいいし、使用する調理器具は減って生ごみも出ないので後片付けも簡単。

さらに、レシピを考える手間も減ります。

家に帰ったら、下ごしらえされた食材が用意されていて、あとは炒めたり煮たりするだけの状態ってことです。
料理の嫌な部分を、イエコックが代わりにやってくれるイメージですね。

\初回送料無料なので気軽にお試し/

食材配達だけを利用したいなら

食材配達サービスで一番有名かつ人気があるのは「生協の宅配 コープデリ」。

近畿地方では200万人もの会員数を誇っています。

コープデリの良さは、新鮮な食材はもちろん、水やお米やトイレットペーパーなど買うのが面倒なものも全て配達してくれるところにあります。

食材や日用品の買い出しが面倒だと考えている人は、コープデリの利用を検討してみてはどうでしょうか。

【千葉県・埼玉県・東京都・茨城県・栃木県・群馬県・長野県・新潟県にお住いの方】

➤コープデリの公式サイトをみてみる

【滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・和歌山県にお住まいの方】

➤コープデリの公式サイトをみてみる

まとめ:共働きだからこそ便利なサービスを活用する

共働きの奥さんがご飯を作ってくれない理由の多くは、仕事の疲れと家事分担への不満があります。

だから、一番有効な解決策は協力することです。

ただ、すぐに解決できる問題でもないので、今回紹介した便利なサービスも活用して徐々に解決していきましょう!

おむつ代を節約したいならAmazonファミリー

Amazonファミリーを知っていますか?

おむつなどのベビーグッズを最大20%オフで購入できる「無料」のサービス

おむつやおしりふきは、毎月の固定費。固定費だからこそなんとか節約したい。そんな悩みを解消してくれるのAmazonファミリー。

さらに、Amazonプライム会員になるといつでもおむつが15%オフ

Amazonをいつも利用する人はもちろん、あまり利用しない人でも、ママやパパなら登録しておくべきサービスですね!

Twitterでフォローしよう