この記事で知れること
  • ベビーモニターがいらないと言われる理由
  • ベビーモニターの必要性
  • ベビーモニターのメリットとデメリット

あったら便利そうなベビーモニター。

でも、いらないような気もするベビーモニター。

さらに悩ませるのがその値段の高さ。

簡単に買えないものだからこそかなり悩みますよね。

そんな悩む人に向けて、この記事では「ベビーモニターは本当にいらないのか?」について解説します。

悪影響や必要性についてしっかりと解説するので、買うか買わないかを判断するための参考にしてほしいと思います。

迷っているならレンタル
  • 短期間だけしか使わないのに新品は高い
  • 一万円以上するのに結局いらなかったらどうしよう

レンタルなら、こんな悩みや後悔をすることはありません。

というのも、レンタルは破格の安さでベビーモニターを使うことができるからです。

例えば、kikitoで人気のパナソニックのベビーモニターを借りた場合

30日~3,480円~
3か月以上のレンタルなら1,800円/月額

ちょっとお試ししてみて、良かったら安い中古で購入するのもありですね。

悩んでいる人はレンタルをチェックしてみてはどうでしょうか。

\11/30まで500円オフクーポンあり/

kikitoクーポンコード:JAKjBkwN

3か月以上の料金が圧倒的に安い

➤kikitoの公式サイトへ

【多くの人が悩む】ベビーモニターはいらない?

ベビーモニターがいらないというGoogleの検索結果

Googleの検索予測でもでるぐらい。

多くの人が「ベビーモニターっていらないんじゃないの?」という風に迷っています。

あったら便利そうだけど、本当に必要なのか悩みますよね。

SNSなどを見ると、次のような理由で多くの人が悩んでいます。

ベビーモニターがいらないと悩む理由
  • 赤ちゃんが泣いたらわかるからいらない
  • 家がマンションで離れていないからいらない
  • 価格が高いからいらない
赤ちゃんの声は聞こえるし、家はそんなに広くないからいらないと考える人が多いですね。
あと、ベビーモニターの値段が高いこともネックとなっています。

こんな感じでベビーモニターを買うのって悩むと思います。

そんな悩むときにおすすめの解決法が、ベビーモニターを使うメリットとデメリットをしっかりと比較することです。

メリットがデメリットを上回れば購入するってイメージですね。

以下ではメリットとデメリットを紹介します。
しっかりと比較して、それでもベビーモニターが必要だと思えば購入しましょう!
【短期間なら】月々千円ちょっとでベビーモニターをレンタル
➤CLASの公式サイトで詳しくチェック
【購入するなら】人気のベビーモニターはこれ
➤パナソニックのベビーモニター

ベビーモニターのメリット・デメリット

ベビーモニターのメリットとデメリットを紹介します。

ベビーモニターのデメリット

ベビーモニターのデメリットは次の一つです。

価格が高いこと

えっ?それだけ?

ベビーモニターって基本的にデメリットはありません

なぜなら、ベビーモニターを設置したとしても、赤ちゃんに危険があったりするわけではないからです。

また、ベビーモニターがあることによる、親への悪影響もないですよね。

デメリットをあえて挙げるとすれば、財布の中身が少なくなるぐらいですかね。

赤ちゃんを見守るためのアイテムなので、赤ちゃんや親にとって、ベビーモニターを導入するデメリットはほとんどありません。

ただ、一つ注意なのが、ベビーモニターを過信しすぎてはいけないということです。

ベビーモニターは赤ちゃんの危険を完全に察知するものではありません。

最後はやっぱりママやパパがしっかりと赤ちゃんの安全を確保しないといけませんよね。

ベビーモニターがあるから安心だと思うのではなく、あくまでも赤ちゃんの異変に気付くための補助的なアイテムとして使いましょう。
ベビーモニターが高いと悩む人へ
レンタルという選択肢もあり

レンタルだと月々千円ちょっとでベビーモニターを使えます。

必要でないなと思ったら返却するだけで、財布もそこまで痛くありませんよね。

【コスパ◯】ベビーモニターのおすすめレンタルサービスを徹底比較!

体動センサーもおすすめ

赤ちゃんを見守るには、体動センサーを使うという方法もあります。

赤ちゃんに動きがなかったら音で知らせてくれるというセンサーです。

ベビーモニターよりも安く手に入ることが多いので、検討してみてもいいかもしれません。

【人気センサーを厳選】赤ちゃんの無呼吸が心配な人へ!口コミからおすすめを紹介

みんなに選ばれているベビーモニター

ベビーモニターのメリット

では、ベビーモニターを導入するメリットの紹介です。

メリットは次のとおり。

ベビーモニターを使うメリット
  • 心理的不安が軽減されて楽になる
  • 家事や趣味の時間がはかどる
  • ネントレに役立つ

それぞれ簡単に紹介します。

心理的な不安が軽減されて楽になる

「呼吸が止まっていないかな?」

「うつ伏せになって苦しくないかな?」

「頭がどこかに挟まったりしていないかな?」

赤ちゃんが寝ているときって、めちゃくちゃ不安ですよね。

薄暗い中、ゆっくりとドアを開けてそろりと近づいてチェック。

この不安がストレスになったりもします。

ベビーモニターがあれば、こんな不安を軽減することができます。

ベビーモニターなら、暗い中でもくっきりと赤ちゃんの状態を確認することができます。

また、動作検知機能があるモデルなら、赤ちゃんの動きを検知してくれるので、うつ伏せなどにもすぐに対応することができるんです。

定期的に赤ちゃんの状態を確認するという心理的な負担をかなり軽減することができます。

家事や趣味の時間がはかどる

赤ちゃんの状態が気なって定期的にチェックしていると、家事って全然進まないですよね。

時間がかかる洗濯物干しや料理などをしているときは、特に心配になると思います。

ワンオペ状態だとなおさらですよね。

お腹が痛くてトイレにこもりたい時でさえも、私たちは心配でしたね・・・。

ベビーモニターがあれば、そんな不安を抱えることなく、家事や趣味の時間を充実させることができます。

離れていても赤ちゃんの状態をチェックできるからですね。

モニターを持ち運びできるものやスマホと連動させることができるものであれば、赤ちゃんからかなりの距離離れたとしても不安なく家事などを進めることができます。

2階に赤ちゃんを寝かせておいて、1階で家事を進めるなんてことも楽々と不安なく出来ます!

ネントレに役立つ

赤ちゃんの寝かしつけは、いつまでも抱っこに頼ることはできません。

ゆくゆくは一人で寝られるようにするために、「ネントレ」をしないといけない時がきます。

そんなネントレの時でも、ベビーモニターは役立つんです。

ベビーモニターがないと、ネントレって結構難しいんです。

本当に寝ているのか心配になって、定期的に部屋をのぞきにいったりしてしまいます。

結果的に、ドアを開けたときの光や音が赤ちゃんの睡眠を妨げて、ネントレが進まないなんてことも・・・。

ネントレの時にベビーモニターがあったら便利だよなぁと思います。
ですので、早い時期から導入していも損はないですね。

ベビーモニターは赤ちゃんに悪影響があるのか?

ベビーモニターは電波のやり取りによって、他の部屋にいてもモニターで赤ちゃんの様子をチェックすることが可能となっています。

そこで、その電波が赤ちゃんに悪影響があるのではないかと不安になる人も多くいます。

結論を言うと、ベビーモニターの電波が赤ちゃんに悪影響を起こすことはないでしょう。

というのも、スマホや電子レンジなどの電波も人体に影響がないとされているからです。

電力設備や家電製品から発生する低周波の電磁波は、健康影響が生じる最小値※1に対して十分な安全率を見込んだ国際的なガイドラインの推奨値をさらに下回るレベルであり、安全なものと考えられます。スマートフォンから発生する高周波の電磁波についても同様に低いレベルと考えられています。

引用元:電磁界情報センター

長期的に電磁波を浴びると赤ちゃんの発育に悪影響があったり、流産や早産につながったりするのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。インターネットなどで、そうした情報を見かけることもあるかもしれません。

しかし、家電製品やスマートフォンからの電磁波はからだに蓄積されず、遺伝子を傷つける作用もないので、電磁波を浴びている時間や回数には関係なく健康への影響はありません。

引用元:電磁界情報センター

高周波のスマホやWi-Fiであっても、人体に影響はないとされているので、ベビーモニターも同様に安全だと考えられます。

ただ、それでも不安な人は、電力会社などに電波の強さなどを計測してもらうことも可能なので、チェックしてもらってもいいかもしれませんね。

ベビーモニターがあるからと赤ちゃんを置いて出かけてしまって、赤ちゃんの事故が発生する事件も過去にはありました。
ベビーモニターの本当の悪影響はそういったところにあるのではないかと、個人的には思います。

おすすめのベビーモニターを紹介

ベビーモニターのおすすめ商品を紹介します。

どれを買ったらいいのか悩んでいる人は、今回紹介するベビーモニターを選んでおけば間違いありません。

パナソニックのベビーモニター

一つ目はパナソニックのベビーモニターです。

パナソニックが販売しているとのことなので、安心して購入できるベビーセンサーとなっています。

特徴
  • 電源を入れるだけで簡単に使える
  • ベッドに動きがあると音と光で知らせてくれる
  • 映像や音がと切れづらい通信方式を採用
  • 暗い場所でもはっきり見える
  • 壁掛け対応可能

カメラとなると難しい設定が必要になりそうなイメージですが、このパナソニックのベビーカメラは違います。

購入後に電源をいれるだけで簡単にスタートが可能なんです。

壁掛けにも対応しているので、置き場所に困ることなく自由に設置できるもの魅力的。

赤ちゃんが動けば音や光で知らせてくれるので、家事などでモニターから目を離していても大丈夫です。

暗い場所でもはっきりと見えて、通信も途切れないように工夫されています。

まさに、パパママの不安を取り除いてくれるベビーカメラと言えますよね。

価格もリーズナブルなので、迷ったらパナソニックのベビーカメラにしておけば間違いありません。

おすすめのベビーカメラですね。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピングで探す

トリビュート

もう一つはトリビュートのベビーカメラ。

特徴
  • グッドデザイン賞受賞のカメラ
  • 自動&手動追尾機能あり
  • 暗い場所でも確認可能

大きな特徴は自動で追尾してくれる機能がある点です。

赤ちゃんはある程度大きくなると寝相が悪くなる子もいます。

このベビーカメラなら、そんな大きく動き回る赤ちゃんでも大丈夫。

ハイハイも追尾しれくれるので、起きている赤ちゃんもチェックすることも可能です。

もちろん、暗闇の撮影も可能で、音声もしっかりと拾ってくれますよ。

まとめ:不安ならベビーモニターの導入がおすすめ

赤ちゃんのことが不安で頻繁にチェックしてしまう。

そんな人なら、ベビーモニターはきっと役立つアイテムとなります。

値段が高いこと以外はデメリットがないアイテムなので、少しでも不安やストレスを減らすために、ベビーモニターを導入しましょう!

【コスパ最強】ベビーモニターの紹介
どうせ短期間だけならレンタルがコスパ良し

「寝返りし始めたときだけ・・・」「ちょっとお試しで・・・」という感じで使いたい人にとっては、一万円以上するベビーモニターは正直高いですよね。

そんな人はレンタルがコスパ〇。

例えばCLASなら一万円以上するモデルを、月々千円ちょっとからでレンタルできます。

やっぱり使わないなと思ったらすぐに返却するだけなので、気軽にベビーモニターを導入することができますよ。

➤月々の料金が安いレンタルサービスはCLAS

【購入するなら】人気のベビーモニターはこちら

おむつ代を節約したいならAmazonファミリー

Amazonファミリーを知っていますか?

おむつなどのベビーグッズを最大20%オフで購入できる「無料」のサービス

おむつやおしりふきは、毎月の固定費。固定費だからこそなんとか節約したい。そんな悩みを解消してくれるのAmazonファミリー。

さらに、Amazonプライム会員になるといつでもおむつが15%オフ

Amazonをいつも利用する人はもちろん、あまり利用しない人でも、ママやパパなら登録しておくべきサービスですね!

Twitterでフォローしよう