ベビークックで離乳食を作るのってどんな感じなのかな?
値段が高いからいらないような感じもするし・・・。
リアルな口コミやメリット・デメリットを知りたい!
この疑問をスッキリ解消します!
この記事で知れること
  • ベビークックのおすすめポイント
  • ベビークックはいる?いらない?
  • ベビークックの良い口コミと悪い口コミ

ゆでて、裏ごしして、固さを固さを調節したり。

作った後は洗い物。

離乳食作りって本当に大変ですよね。

そんな大変な離乳食作りで役立つと評判なのがベビークック。

でも、ベビークックって高いので、いらないのではないかと思ったりもしますよね。 

そこでこの記事では、ベビークックのメリットや口コミを紹介して、本当に必要なアイテムなのかを解説します!

短期間だけならこれがコスパ◯

離乳食で手間がかかるのは最初の数ヵ月

ベビークックに数ヵ月しか頼らないならレンタルがお得!

例えばCLASでレンタルするなら料金は次の通り。

レンタル料金
ベビークックSOLO
新品:約27,500円

ベビークックNEO
新品:約35,200円
月額2,640円~


月額3,080円~

半年ぐらいの利用なら、新品の半額程でレンタル可能です。

➤ベビークックのレンタルを詳しくチェック

ベビークックはいらないのか?

ベビークックで検索すると、検索予測に「ベビークック いらない」と出てきます。

でも、これは実際に「ベビークックがいらない」と思っている人が多いと言うわけではありません。

グーグルでは、検索する人が多いワードを検索予測に表示させます。

ですので、「ベビークックっていらないのかな?」と気になっている人が多いということを意味しています。

実際にベビークックがいらないかどうか判断するには、ベビークックのメリットとデメリットを比較するしかありません。
ベビークックのメリット
  • 離乳食を時短できる
  • 栄養素を落とすことなく離乳食を作れる
  • 洗い物が減る
ベビークックのデメリット
  • 場所を取る
  • 値段が高すぎる

ベビークックは、ママパパにとっても、赤ちゃんにとってもメリットが多いベビーグッズ。

基本的には、ベビークックを使うことでママパパや赤ちゃんにデメリットはないはずです。

それなのに、多くの人が「ベビークックっていらないのではないか?」と思ってしまうのは、その値段の高さにあるのではないでしょうか。

ベビークックを使うことで、離乳食作りが各段に楽になることは間違いありません。
確かに値段は高いですが、購入するメリットはあると思います!

値段の高さがネックになっている人は、月々数千円でレンタルすることもできますので、そちらもぜひ検討してみてください。

➤ベビークックをレンタルするならこちら

レンタル料金
ベビークックSOLO
新品:約27,500円

ベビークックNEO
新品:約35,200円
月額2,640円~


月額3,080円~

ベビークックのおすすめポイント

口コミが良いベビークックのおすすめポイントは次の3つです。

ベビークックのおすすめポイント
  • 一台で5役もこなしてくれる
  • 栄養素を無駄にしない
  • 月齢に合わせてなめらかさを調整可

簡単に紹介します。

【時短】一台で5役こなしてくれる

ベビークックは一台で5個の役割を担ってくれます。

ベビークックでできること
  • 蒸す
  • 解凍
  • あたため
  • 刻む
  • 混ぜる

ベビークック一台でこれ全てが可能なんです。

鍋を使って蒸したり、お皿や電子レンジなどを使って温めたりする必要はありません。

色々な調理器具の洗い物や片付けをする手間を省けるので時短になり、離乳食作りが楽になります。

また基本的な操作は次の通りで簡単。

  1. 食材を入れてボタンを押す
  2. お好みのなめらかさにミキシング

簡単2ステップです。

栄養素を無駄にしない

離乳食作りが楽になるベビークック。

ですが、ママに嬉しいだけでなく、赤ちゃんにとってもベビークックを使うメリットがあります。

というのも、ベビークックは食材の栄養素をそのまま残してくれるからです。

例えば、ブロッコリーのビタミンCは、茹でた場合30%ほどしか残りません。

ですが、スチーム機能を利用すると84%も保つことができます。

スチーム機能が搭載されているベビークックを使えば、素材の栄養素を保った離乳食を作ることができます。

離乳食を作るからには栄養たっぷりのものを作りたいですよね。
ベビークックを使うだけでそれが叶います!

月齢に合わせてなめらかさを調整

ベビークックなら離乳食の固さも簡単に調整できます。

中身を確認しながらミキサーを回すことが出来るので微調整が簡単なんです。

また、蒸した後に残る調理液を使うことで、なめらかさも自由に調整できます。

離乳食作りで面倒なのが裏ごしだったりするのですが、ベビークックなら簡単にできます。

ベビークックSOLOとNEOの違い

ベビークックにはSOLOとNEOがあります。

簡単にはいうと、NEOのほうが高級、つまりSOLOの上位に機種だということですね。

2つの違いを違いをまとめると次のような感じです。

NEOがアップグレードした点
素材カップやバスケットの素材がプラスチックからガラスへグレードアップグレード
→衛生的でお手入れが楽になった
容量300mlから600mlへアップグレード
カッターカッターの性能がグレードアップ

大きな変更点は容量が大きくなったことです。

離乳食を作り置きしたい人は、SOLOよりもNEOを選んだほうがいいかもしれませんね。

あとは、価格がNEOの方が高いので、とくにどちらでもいい人は価格の高い低いで決めたらいいかなと思います。

ベビークックの口コミ

ベビークックのリアルな口コミを、良い口コミと悪い口コミに分けて紹介します。

良い口コミ

SNS上で多いのは、やはり良い口コミですね。

それだけ、ベビークックを使うことで離乳食作りの負担が減った人が多いということがわかります。

具体的には、感覚的に「良い」という口コミが多くて、「便利」とか「楽しい」いう口コミが多いですね。

悪い口コミ

悪い口コミで一番多いのがその値段の高さです。

即決できない値段で、購入するのを悩む人が多いんですね。

また、ベビークック自体がそもそも便利ではなかったという口コミもありました。

どんなものでもそうですが、人によっては逆に疲れるというパターンもあります。

大きさについての口コミもみられました。

ベビークックは高い買い物です。
なので、失敗したくない人は、レンタルサービスを利用してもいいかもしれませんね。

➤ベビークックをレンタルするならこちらから

まとめ:ベビークックは基本的に使うメリットしかないグッズ!

口コミが抜群に良いベビークック。

離乳食作りの負担をかなり軽くしてくれるグッズなので、悩んでいる人はぜひ活用してほしいと思います。

おむつ代を節約したいならAmazonファミリー

Amazonファミリーを知っていますか?

おむつなどのベビーグッズを最大20%オフで購入できる「無料」のサービス

おむつやおしりふきは、毎月の固定費。固定費だからこそなんとか節約したい。そんな悩みを解消してくれるのAmazonファミリー。

さらに、Amazonプライム会員になるといつでもおむつが15%オフ

Amazonをいつも利用する人はもちろん、あまり利用しない人でも、ママやパパなら登録しておくべきサービスですね!

Twitterでフォローしよう