仕事でアップルウォッチを使いたいんだけど・・・。
アップルウォッチ自体が少しカジュアルなのに加えて、付属のバンドもカジュアルな感じだから、現時点ではビジネスで使いづらいんだよね。
この疑問をすっきり解消します。
この記事で知れること
  • 仕事でも使いやすいアップルウォッチバンドの選び方
  • ビジネス使用できるおすすめアップルウォッチバンド
  • アップルウォッチバンドをコスパ良く購入できるストア

Apple Watch(アップルウォッチ)を仕事で使うビジネスマンは多くなってますよね。

お堅い公務員の職場でも使ってる人はけっこういました。

それだけアップルウォッチが一般的となってきているということですが、そのカジュアルさには注意したいところです。

とくに付属のバンドを仕事で使うにはカジュアルさが強いので、ビジネス用にバンドを変更するのがおすすめです。

この記事では、ビジネスでも使えるおすすめアップルウォッチバンドを紹介します。

ぜひ参考にしてください。

仕事に最適!ビジネスマンのためのアップルウォッチバンドの選び方

ビジネスでも使えるアップルウォッチバンドの選び方について簡単に紹介します。

アップルウォッチのサイズをチェック

基本的なことですが、自分のアップルウォッチのサイズに適合しているかチェックが必要です。

具体的には、アップルウォッチのサイズには、38・40・41・42・44・45mmの6種類があります。

バンドによって適応するサイズが異なっていますので、購入する前に要チェックです。

ビジネスでも使える素材のバンドを選ぶ

アップルウォッチが仕事でも一般的にはなってきたとはいえ、まだまだカジュアルな印象がありますよね。

さらに、購入時についているバンドがよりカジュアルさを演出しています。

ですので、ビジネスでアップルウォッチを使うのであれば、ビジネスでも浮かないバンドを選んだほうが無難です。

具体的には次の2つ。

  • レザーバンド
  • ステンレスバンド

よりフォーマルにいくならレザーバンド。

どちらも仕事で使えるバンドなので、好きなほうを選んでください。

仕事にも使えるアップルウォッチバンド:おすすめを選抜

ビジネスでも使えるアップルウォッチのおすすめバンドを紹介します。

レザーバンド、ステンレスバンドの順に紹介するので参考にしてください。

おすすめレザーバンド

レザーは安物から高級本革までピンきりです。

仕事でずっと使い続けるものだから、出来れば長持ちする本革を選びたいところです。

Livelty TOKYO

アップルウォッチのレザーバンドにこだわるならLivelty TOKYO。

外側のレザーは、エルメスも採用しているベリンガー社の最高級本革。

深く美しいシボレ(シワ)が特徴的で高級感があります。

また、肌に当たる部分にも高級レザーを使用していて、きめ細かく優しい肌触りとなっています。

カラーリングは約10色から選択可能。

名入れも出来るので、自分だけのアップルウォッチのバンドを作ることが出来ますよ!

EPONAS

Livelty TOKYOと同じくベリンガー社から最高級本革を仕入れいているEPONAS。

EPONASは細部へのこだわりがみえるブランドです。

バックルには高級時計にも使われるものを使用していて、片手で簡単にアップルウォッチを装着できるようになっています。

結果、折り曲げる動作が減るので、傷つきづらく、長く美しい状態で使用できます。

カラーも11色用意されていて、メタル部分(バックルとラグ)も4色から選択可能。

おしゃれの自由度が高いレザーバンドとなっています。

おすすめステンレスバンド

耐久性が高いステンレスバンド。

フォーマルからカジュアルまで使いやすいので、コスパはいいバンドと言えます。

Fullmosa

オーソドックスなバンド。

ですが、重厚感があるので、ビジネスにも使いやすいステンレスバンドです。

ブラックやゴールド、シルバー、ピンクといったカラーのものは落ち着いた色合いとなっており、仕事でも使いやすいカラーとなっています。

独自の加工によって耐久性が良いのもおすすめポイントですね。

LISAMER

メッシュ形状になっているステンレスバンド。

メッシュなので通気性がよく、蒸れません。

一番の良さは安いところ。

同じような純正バンドだと一万円以上しますが、これなら2,000円ほど。

安いステンレスバンドを探しているならこれで決まりです。

アップルウォッチバンドをコスパ良く探せるショップ

「色々な種類のバンドをみてみたい!」という人のために、アップルウォッチのバンドをコスパ良く購入できるサイトを紹介します。

givgiv

givgiv.jp

アップルウォッチバンド専門店のgivgiv。

さすが専門店とあって、日本最大級の品ぞろえで、色々なバンドを探すことができます。

さらに、ほとんどのバンドが3,000円前後で販売されていて、コスパも日本トップレベルです。

アップルウォッチのバンドにそこまでお金をかけたくないけど、色々な種類から選びたいという人はgivigvをチェックしてみましょう。

AppBankStore

AppBankStore

iPhoneケースやワイヤレスイヤホン、モバイルバッテリーなど様々なガジェットを取り扱っているAppBankSore。

もちろんアップルウォッチのバンドも取り扱っており、豊富な種類があります。

値段設定は幅広いので、品質が良いものからコスパに優れているものまで、色々な種類から選ぶことができます。

また、このストアではペイペイで払えるなど、決済手段が豊富にそろえられているので、気軽に買い物できるのもおすすめポイントとなります。

まとめ:仕事でも使えるバンドに変えてアップルウォッチをビジネスでも楽しみましょう!

バンドさえ変えてれば、アップルウォッチをビジネスで使うことは全然できます。

お気に入りのバンドを見つけて、プライベートと仕事の両方でアップルウォッチを楽しみましょう!

おむつ代を節約したいならAmazonファミリー

Amazonファミリーを知っていますか?

おむつなどのベビーグッズを最大20%オフで購入できる「無料」のサービス

おむつやおしりふきは、毎月の固定費。固定費だからこそなんとか節約したい。そんな悩みを解消してくれるのAmazonファミリー。

さらに、Amazonプライム会員になるといつでもおむつが15%オフ

Amazonをいつも利用する人はもちろん、あまり利用しない人でも、ママやパパなら登録しておくべきサービスですね!

Twitterでフォローしよう