デメリットを徹底解説!doona(ドゥーナ)のベビーカーで後悔しないために口コミをチェック
この記事で知れること
  • doona(ドゥーナ)のベビーカーのデメリット
  • ドゥーナのベビーカーのメリット
  • ドゥーナのベビーカーをお得に買う方法

ベビーカーとチャイルドシートが一体となっているdoona(ドゥーナ)のベビーカー。

機能性はもちろん、デザインや操作性も良いと人気のベビーカーです。

メインの移動手段が車の人はかなり便利なアイテム。

ただ、便利なベビーカーなんですが、もちろんデメリットもあります。

高価な買い物になるので、後悔しないためにも、デメリットの口コミをしっかりと把握しておきましょう。

ドゥーナを安く買う方法

結論、ドゥーナはなかなか安売りされることはありません。

ですが、安く買うのはなかなか難しいのですが、お得に買う方法があります。

ポイント還元率の高いダッドウェイでの購入です。

ドゥーナのベビーカー
63,800円で購入した場合
・無料会員登録
→500円分のポイント
・購入すると
→2,900円分のポイント

実質3,400円お得

1ポイント=1円として利用可能。

ダッドウェイでは色々なベビーグッズを買うことができるのでお得です。

色々調べましたが、知る限りの最安はこの方法でした。
買おうと思っているのであれば、ダッドウェイで買った方がお得ですね。

\ドゥーナをお得に買うなら/

【後悔の原因】ドゥーナのベビーカー:デメリット

どんなベビーカーにもデメリットはあります。

ドゥーナのベビーカーのデメリットは次のとおりです。

ドゥーナのベビーカーのデメリット
  • 使える期間が短い
  • 車への乗り降りが重くて大変
  • 座席が暑い
  • 荷物入れがない
  • 対面のみでリクライニングなし

ドゥーナのベビーカーはチャイルドシートとして使うために、色々な機能が簡素化されています。

なので、コンパクトで扱いやすくなる一方で、不便なところもあります。

買って後悔する前にデメリットを把握しておきましょう。

後悔①:使える期間が短い

一番よく言われるドゥーナのベビーカーのデメリットは、使える期間が短いということがあります。

ドゥーナのベビーカーは、「新生児から体重13kg未満」を対象としています。

二歳になると13kgほどの体重となるので、ドゥーナはおよそ二歳ぐらいまでしか使えません。

※ムーニーの公式サイトを参照

ドゥーナのベビーカーは六万円以上するので、二歳以上でもベビーカーを使いたいと考えてる人にとってはデメリットですね。

ただ、二歳になると歩きたがりますし、ベビーカーを嫌がることもたびたびあります。
私の子供も二歳近くになるとベビーカーを嫌がりました。
なので、ベビーカーは二歳まででも十分でした。

対応年数は、成長が緩やかなお子様は長く使えると思いますが、うちの息子は1歳5ヶ月で13kgを超えてサイズアウトしました。もうちょっと長く使いたかったです。

しかし退院からすぐ使えましたし、ドライブでもお散歩でも買い物でも外食でもガンガン使いました。

アマゾンの口コミ

後悔②:車の乗り降りが重くて大変

ドゥーナのベビーカーの最大の特徴は、チャイルドシートと一体になっているところにあります。

それは便利な反面、デメリットとなりえます。

というのも、赤ちゃんの体重とベビーカーの重さを合わせると、重くて持ち運びが意外とたいへんだからです。

例えば、赤ちゃんが4㎏の場合、ドゥーナのベビーカーは7kgなので、合わせると11㎏になります。

5㎏のお米2つ分のベビーカーを車に設置したり外したりしないといけないと考えるとしんどいですよね。

成長するほど、重さを感じるようになります。

便利だと思ったのに、重くて後悔する人もいるというわけですね。

パパなら一人でも大丈夫ですが、ママ一人で扱う場合は重くて大変だと思います。

あと、A型全てかもですが、重い!!!

子供10キロだとすると総重量18キロ

女性には、重すぎるかもです。

アマゾンの口コミ

後悔③:座席が暑い

ドゥーナのベビーカーに乗っていると、赤ちゃんが汗でぐっしょりになります。

他のベビーカーは背中の部分が通気性の良い布が使われているのに対して、ドゥーナのベビーカーはそうなっていないからです。

もちろん暑くならないように工夫はされていますが、チャイルドシートとしての耐久性を保つための素材が使われているので、他のベビーカーよりも暑くなります。

真夏に使う場合には、扇風機を使うなど工夫したいところですね。

夏場汗をかく、ムレるというレビューが多いですが、その通りで、シートの布の隙間から中身を見ると素材が発泡スチロールのようなものになってます。これは夏場は熱の逃げ場がなく暑いと思います。私は1.5cm厚の高反発メッシュ素材の通気性があるマットを敷いてました。子供が熱中症にならないよう工夫して使用する必要があると思いました。

アマゾンの口コミ

後悔④:荷物入れがない

ドゥーナのベビーカーには荷物入れがありません。

これも、チャイルドシートとして使うために省かれています。

ベビーカーの座面したの収納は容量があって、旅行などでは結構便利なので、この収納がないのは不便だと言えます。

ただ、車で移動することが多くて、荷物はあまり持ち歩かないという人にとってはあまり気になりません。

荷物を多く持ち歩く人は専用の付属品を買うか、100均などの便利アイテムを活用しましょう。

荷物があまり乗らないのはオプションでなんとかなりますが、車で移動するのでそこまで気になりません。

アマゾンの口コミ

後悔⑤:対面のみでリクライニングなし

ドゥーナのベビーカーは対面式でリクライニングがありません。

大きくなるにつれて赤ちゃんは外の世界に興味をもち始めます。

それなのに、対面式で姿勢も変えられないとグズる可能性も高まるかもしれません。

ドゥーナのベビーカー:メリット

ドゥーナのベビーカーは、メリットも当然あります。次の通りです。

ドゥーナのベビーカーのメリット
  • コスパ抜群
  • 車の乗り降りで起こさない
  • ベビーカーでよく寝てくれる
  • エレベーターを探さなくてもよくなる

簡単に紹介します。

メリット①:コスパ抜群

一番はベビーカーとチャイルドシートがセットというコスパのよさです。

新生児から使えるベビーカーの相場は約四万円、チャイルドシートも同じぐらいします。

あわせると八万円で、こだわると十万円以上します。

一方でドゥーナのベビーカーは六万円ちょっとなので、かなりコスパがいいかなと思います。

さらに、デザインもおしゃれで、使っている人は少ないので他人と被ることも少ないです。

ベビーカーとチャイルドシートをあわせて購入する予定の人は、ドゥーナのベビーカーも比較対象に入れましょう。

メリット②:車の乗り降りで起こさない

ドゥーナのベビーカーは、スムーズにチャイルドシートへ変形できます。

なので、赤ちゃんに触れることなく車から下ろせるので、寝ている赤ちゃんを起こす心配がありません。

ベビーカーとチャイルドシートが別だとどうしても赤ちゃんに触れるので、起こしてしまうんですよね。

せっかく寝てくれていたのに、目的地に着いた瞬間に起きられてしまったら、正直しんどいですよね。

ドゥーナのベビーカーならこのストレスがありません。

メリット③:よく寝てくれる

ドゥーナのベビーカーは、赤ちゃんにとって心地良いシートなので、よく寝てくれると評判なんです。

具体的には、ドゥーナのベビーカーは赤ちゃんの背中がCカーブになるように設計されています。

このCカーブというのはお母さんのお腹の中と同じ状態

お母さんのお腹に10ヶ月近くいた赤ちゃんは、その心地良さを思い出してよく寝てくれるんですね。

ただでさえ車やベビーカーではよく寝てくれるのですが、ドゥーナのベビーカーならもっと寝てくれるのが期待できます。

メリット④:エレベーターを探さなくていい

ドゥーナのベビーカーはチャイルドシートにもなるので、車の座席に乗るほどのコンパクトさ。

さらに、すぐに折り畳むことができます。

なので、ショッピングモールや駅なのでいちいちエレベーターを探すことなく、エスカレーターや階段を登ることができます。

ベビーカーを使っていると、このエレベーター探しが結構面倒だったりするので、コンパクトで機動力があるのはめちゃくちゃ便利です。

ドゥーナをお得に買う方法

ダッドウェイのネットショップでバガブーを買うのが結構お得です。

というのも、無料会員登録特典とポイント還元率が高いからです。

無料会員登録すると500円分のポイントがもらえて、しかもすぐに使えます。

さらに、買い物をすると5%のポイント還元があります。

具体的に、ドゥーナのベビーを買うと次のようにお得です。

ドゥーナのベビーカー
63,800円で購入した場合
・無料会員登録
→500円分のポイント
・購入すると
→2,900円分のポイント

実質3,400円お得
ここまでポイント還元率が良いサイトはないと思います。
ダッドウェイでは色々なものが売ってあるので、ゲットしたポイントが使いやすいのもいいですね!

ドゥーナを少しでも安く、お得に買いたい人は要チェックです。

\ドゥーナをお得に買うなら/

まとめ:ドゥーナのデメリットを知って後悔しない買い物を!

便利なドゥーナのベビーカーですが、当然デメリットもあります。

高価な買い物なので、事前にデメリットをチェックして、後悔しないようにしましょう!

ドゥーナを安く買う方法

結論、ドゥーナはなかなか安売りされることはありません。

ですが、安く買うのはなかなか難しいのですが、お得に買う方法があります。

ポイント還元率の高いダッドウェイでの購入です。

ドゥーナのベビーカー
63,800円で購入した場合
・無料会員登録
→500円分のポイント
・購入すると
→2,900円分のポイント

実質3,400円お得

1ポイント=1円として利用可能。

ダッドウェイでは色々なベビーグッズを買うことができるのでお得です。

色々調べましたが、知る限りの最安はこの方法でした。
買おうと思っているのであれば、ダッドウェイで買った方がお得ですね。

\ドゥーナをお得に買うなら/

おむつ代を節約したいならAmazonファミリー

Amazonファミリーを知っていますか?

おむつなどのベビーグッズを最大20%オフで購入できる「無料」のサービス

おむつやおしりふきは、毎月の固定費。固定費だからこそなんとか節約したい。そんな悩みを解消してくれるのAmazonファミリー。

さらに、Amazonプライム会員になるといつでもおむつが15%オフ

Amazonをいつも利用する人はもちろん、あまり利用しない人でも、ママやパパなら登録しておくべきサービスですね!

Twitterでフォローしよう